「KKT杯バンテリンレディスオープン」開催に際しまして一言ご挨拶申し上げます。

 2013年から特別協賛させて頂いている本大会も7年目を迎えます。
その間、2016年には熊本に大きな被害をもたらした震災もありましたが、地元の方や関係者の支えと期待によって翌年は開催することが出来、多くの方にご来場頂きました。こういった大会が例年通り開催されることが、復興への歩みに繋がって行くのだと感じております。
 バンテリンレディスは毎回熱い戦いが繰り広げられます。昨年の比嘉真美子選手が11人を抜き去っての大逆転優勝は、まだ記憶に新しい所でございます。
今年の最終日、ここ熊本空港カントリークラブの名物18番ホールでどのようなドラマが展開されるのか、私もとても楽しみにしております。
 女子プロゴルフ界は毎年力のあるルーキーが登場し話題に事欠かず、隆盛を極めております。私共も協会・主催者・運営・ボランティアの方々、そして選手やファンと共に、今後も女子プロゴルフ競技の発展に寄与して参りたいと存じます。

 結びにあたり、大会に出場される選手の方々、多大なるご尽力を賜りますボランティアの皆様、そして大会運営に関わる全ての皆様に、心より御礼を申し上げご挨拶とさせていただきます。