「KKT杯バンテリンレディスオープン」開催に際しまして一言ご挨拶 申し上げます。

 2013年から特別協賛させて頂いている本大会も今年で10年目を迎えます。
その間、2016年には熊本に大きな被害をもたらした震災があり、2020年には新型ウイルス感染症のため中止を余儀なくされ、また昨年は感染拡大防止のため無観客での開催となりましたが、今年は開催地・熊本県民の皆様、地元自治体のご理解ご協力を得て、3年ぶりにギャラリーをお迎えして開催することとなりました。スポーツがもたらす興奮と感動を皆様と分かち合うことが、明日への活力、そして未来への希望に繋がって行くのだと感じております。
 昨年は、19歳のルーキー・山下美夢有選手が、最終日に7バーディー・1ボギーという素晴らしいゴルフを展開し、トーナメントレコードを3打も更新する14アンダーで初優勝を飾りました。今年もここ熊本空港カントリークラブでどのようなドラマが展開されるか、とても楽しみにしております。
 女子プロゴルフ界は毎年力のあるルーキーが登場し話題に事欠かず、隆盛を極めております。私共も協会・主催者・運営・ボランティアの方々そして選手やファンと共に、今後も女子プロゴルフ競技の発展に寄与して参りたいと存じます。

結びにあたり、大会に出場される選手の方々、多大なるご尽力を賜りますボランティアの皆様、そして大会運営に関わる全ての皆様に、心より御礼を申し上げご挨拶とさせていただきます。