新着情報

5月13日(月)放送

北出温泉

ついに復活!奇跡の湯大公開/地獄温泉 青風荘.

江戸時代には、熊本藩士のみに入浴が許されたという格式のある温泉「地獄温泉 清風荘」。湯船の底から源泉が湧き出す「すずめの湯」をはじめ、「元湯」「新湯」「露天岩風呂」「仇討の湯」5つの湯が楽しめましたが、2016年4月の熊本地震とその後の豪雨で土石流が旅館を襲い、建物の8割、3つある源泉の内2つを失いました。
しかし、そんな中でも息をふきかえそうとわきつづける温泉に勇気づけられ、清風荘を営む河津さん一家は復活をめざしてきました。
そしてやっと今年4月16日、地震から丸3年を経て、全面再開ではありませんが、名物「すずめの湯」の日帰り温泉の再開という大きな一歩をすすめることができました。
 新しい「すずめの湯」は、以前と大きく変化しています。
一番の違いは、北出温泉リポーター「北出恭子」のアドバイスで進められた、熊本ではめずらしい湯浴み着の着用です。「すずめの湯」といえば、混浴の露天風呂で有名でしたが、混浴に抵抗があるひとが多いことから思い切って水着や湯あみ着着用としました。ファミリーだけでなくみんなが気軽に入れるようになったそうです。
 温泉は、よりよい湯治が出来るよう高温泉の温度も調整され、また新しく、女性が喜ぶ、天然の美容液といわれる「メタケイ酸」をふくむ冷泉の水風呂が登場。
また、建物は、解体された建物や湯船の木材などが休憩所や湯小屋に使用され、昔の面影を残す建物と見た目もモダンなコンクリートの打ちっぱなしの脱衣所などが併設されています。この脱衣所は災害時にシェルターの役割をになうなど、様々な工夫がされています。

すずめの湯・露天風呂の泉質:pH2.8の単純酸性含硫黄温泉

190513_on01.jpg190513_on02.jpg190513_on03.jpg190513_on04.jpg

地獄温泉 青風荘. (旧表記:清風荘)
住所:阿蘇郡南阿蘇村河陽2327
検索「青風荘.

すずめの湯(立ち寄り湯)
◎入浴料※平成31年4月16日~元湯・仇討の湯(仮)オープンまで
・大人 1,200円(税込) 貸バスタオル付
 ※水着持参。水着がない場合は湯あみ着の販売あり
・子供(小学生) 600円(税込)/幼児 無料
・学生割引(中学生~大学・専門学校)
 1,000円(税込)貸バスタオル付 ※学生証提示
・特別割引サービス
回数券10枚綴り11,000円(税込)貸バスタオル付
・年間パスポート
22,000円(税込)オリジナルバスタオル付

◎湯あみ着の販売
男性用:600円(トランクス)/女性用:1100円(ワンピース)

アクセス上の注意
現在工事継続中のため時間規制(8:30~18:00開通)あり。
夜間通行禁止。
新着情報
LINE
ページトップへ