料理レシピ

2019年12月アーカイブ

12月26日(木)放送

もぐもぐクッキング(古家香華先生)

カオソーイ(スープカレーヌードル)

  • 191226.jpg

【材料】(1人分)

中華麺...1玉

鶏モモ肉...100g

タマネギ...1/4個

紫タマネギ...1/5個

小ネギ...1本

ライム...1/8個

ショウガ(スライス)...1枚

ニンニク(みじん切り)...小さじ1/3

イエローカレーペースト...大さじ1

水...300cc

鶏ガラスープの素(顆粒)...大さじ1/2

ココナッツミルク...150cc

ナンプラー...大さじ1

【作り方】

  • 材料を切る。
    タマネギ・紫タマネギ...スライス
    小ネギ...小口切り
    ニンニク...みじん切り
    ショウガ...スライス
  • 麺を160℃の油でキツネ色になるまで素揚げする。
  • 鶏モモ肉は細切りし素揚げする。
  • 鍋に油を入れショウガ・ニンニク・イエローカレーペーストを入れて炒める(中火)。
  • 水を入れ、鶏がらスープの素を入れ、ココナッツミルク・玉ねぎを入れ、
    ナンプラーを入れてひと煮立ちさせて、味を整えたらスープのできあがり!
  • 丼に揚げた麺を入れ、カレースープを注ぎ具材を飾ったらできあがり!!

麺は160℃~170℃でじっくり揚げる。
(パリパリに仕上がる)

12月24日(火)放送

もっこすキッチン(神保佳永シェフ)

シイタケの肉詰め

  • 191224.png

【材料】(2人分)

・シイタケ 6個

・チンゲンサイ 2株

・ネギの青い部分

・白髪ネギ 適量

・片栗粉、水溶き片栗粉 各適量

・サラダ油 小さじ2

・ゴマ油 小さじ1

【肉種】

・鶏ひき肉 100g

・長ネギみじん切り 1/2本分

・ショウガすりおろし 少々

・パン粉 大さじ1.5

・酒 小さじ1

・しょうゆ 小さじ1/2

【タレ】

・赤酒、しょうゆ 各大さじ1

・砂糖 小さじ1/2

・水 大さじ2

【作り方】

  • 肉種の材料はすべて混ぜ合わせておく。
  • シイタケの石づきを切り取り、片栗粉をまぶし、シイタケの内側に肉種を詰める。肉種側にも片栗粉をまぶし、全体を押さえて形を整える。
  • チンゲンサイは縦半分に切り、根元に切り込みを入れておく。塩を入れたたっぷりの湯で約2分ゆで、氷水に入れ色止めし、水気を切っておく。
  • フライパンにサラダ油をひき、ネギの青い部分をこすりつけながら温め、油にネギの香りをつける。
  • シイタケを下にして焼き、焼き色がついたらひっくり返す。同じフライパンでゆでたチンゲンサイを焼く。
  • シイタケの肉詰めは約6分両面を香ばしく焼く。シイタケとチンゲン菜にゴマ油をかけ、香りをだし、焼いたチンゲン菜を取り出す。
  • シイタケの肉詰めは、肉種を下にして、タレをかける。水溶き片栗粉でとろみをつけたら火を止め、全体を絡める。
  • 皿に、焼いたチンゲンサイ、シイタケの肉詰めを盛り、上に白髪ネギをのせて召し上がれ!

【ポイント】

・シイタケを下にして焼く
  シイタケと肉の旨みを逃さずジューシーに!

12月17日(火)放送

もっこすキッチン(神保佳永シェフ)

野菜巻きまきローストチキン

  • 191217.png

【材料】(2人分)

・鶏モモ肉 2枚(600g)

・ホウレンソウ 2軸

・ニンジン 1/2本

・生ハム 2~4枚

・薄焼き卵 1個分

・ジャガイモ 1個

・クレソン 適量

・無塩バター 30g

・ニンニクすりおろし 少々

・しょうゆ 大さじ1

・塩、コショウ、オリーブオイル 各適量

*アルミホイル

【作り方】

  • ニンジンは皮をむき、縦4等分に切る。塩を入れた湯で弱火で約10分ゆっくり火を通し、氷水につけて、色止めする。同じ湯でホウレンソウもさっとゆで、氷水につけて色止めする。ニンジン、ホウレンソウはすぐに水を切っておく。
  • 鶏モモ肉は軟骨などを取り除き、包丁の背で叩き伸ばす。軽く塩、コショウをふる。
  • 鶏肉の皮を下にひき、薄焼き卵、生ハム、ゆでたニンジンとホウレンソウをのせ、野菜を軸に張るように巻く。
  • アルミホイルを広げ、内側にオリーブオイルをのばす。その上に巻いた鶏肉をのせ、肉の上にオリーブオイルをかける。アルミホイルで鶏肉を巻き包む。アルミホイルが張るように両端をねじる。
  • 温めたフライパンに、アルミホイルで巻いた鶏肉を入れ、中火で約20分回しながら焼く。間に皮付きのまま乱切りにしたジャガイモを入れ、オリーブオイルをかけ、一緒に焼く。
  • 鶏肉を取り出す。ジャガイモを残したフライパンは火を止め、ニンニクすりおろしを加え余熱で火を通す。さらに、バター、しょうゆを加え、絡める。
  • 鶏肉のアルミホイルを取り除き、食べやすい大きさに切り、ジャガイモと一緒に盛りつけ、上からソースをかける。クレソンを添え、仕上げに黒コショウをかけて、召し上がれ!

【ポイント】

・鶏肉を包丁の背で叩きのばす。
 やわらかく、巻きやすくなる。

12月12日(木)放送

もぐもぐクッキング(山中美和先生)

カズノコの味噌漬け

  • 191212.jpg

【材料】(作りやすい分量)

塩カズノコ...6本

しょう油...大さじ2

赤酒...大さじ2

白みそ...適量

【作り方】

  • カズノコの塩抜き
    ・0.4%の塩水に一晩漬ける(塩小さじ1 水1.5リットル)
  • 薄皮を取る
    ・カズノコの厚みのある方から薄い方へ指で優しくこする
    (取り残した皮は竹串で取れる)
    ・ペーパータオルなどで水気をふく
  • 下味をつける
    ・ボウルに しょう油と赤酒を入れ混ぜ、カズノコを入れ5分程度つける
  • 味噌に漬け込む
    ・保存容器に白みそ(適量)を平らに広げガーゼを敷く
    ⇒カズノコを重ならないように並べる
    ⇒ガーゼを敷く
    ⇒白みそで覆う
    ⇒フタをして冷蔵庫で一晩置いたらできあがり!(※1日~2日で食べきる)

下味をつける(味噌がよくなじむ)

12月10日(火)放送

もっこすキッチン(神保佳永シェフ)

カニ缶とカブのトマトクリームスパゲッティ

  • 191210.png

【材料】(2人分)

・カブ 1個

・カニ缶 1缶

・スパゲッティ 150g

・トマトホール缶(よく潰す) 300g

・生クリーム 100cc

・白ワイン 50cc

・ニンニクみじん切り 少々

・オリーブオイル 大さじ1

・無塩バター 5g

・刻み万能ネギ 適量

・塩、黒コショウ、仕上げ用オリーブオイル 各適量

【作り方】

  • カブの葉を切り、葉の付け根を切り取る。カブを8等分に切り、皮をむく。さらに斜め半分に切り、グリルで焦げ目がつくまで香ばしく全体を焼く。
  • カブの葉と茎に切り分け、葉は縦半分に切り、さらに約2cm幅の斜めに切る。茎は約1cm幅に切る。
  • フライパンにオリーブオイル、ニンニクみじん切りを入れ、中火でニンニクを香ばしく炒めたら、カブの茎を加え軽く炒める。
  • カニ缶を汁ごと加え、さらに、白ワインを加え強火で煮詰める。
  • よく潰したトマトホール缶を加え、中火で煮詰める。
  • 鍋にたっぷりのお湯を分かし、塩を入れ、スパゲッティを通常より約2分短めにゆでる。
  • トマトソースに、生クリームとバターを加え、スパゲッティをゆでている間、中火で煮詰める。
  • スパゲッティゆで上がり3分前にカブの葉を入れて一緒にゆで、カブの葉の香りを移す。
  • ソースに、グリルで焼いたカブを熱いうちに加え、さらに、硬めにゆでたスパゲッティとカブの葉を加え、絡める。
  • 塩で味を調え、皿に盛り、仕上げに、オリーブオイル、刻み万能ネギ、黒コショウをかけて、召し上がれ!

【ポイント】

・カブはグリルで焦げ目がつくまで香ばしく焼く。
短時間で味が凝縮!旨みアップ!

12月 5日(木)放送

もぐもぐクッキング(宮本智久先生)

家庭で出来るローストチキン

  • 191205.jpg

【材料】(2人分)

鶏モモ肉...2枚

塩・コショウ...適量

オリーブ油...適量

バター...30g

ニンニク(皮付き)...2片

オリーブ油...適量

<付け合わせ>

ジャガイモ...1個

ブロッコリー(塩ゆでした物)...適量

ミニトマト...適量

【作り方】

  • 鶏モモ肉は開いて塩・コショウをする。
  • フライパンにオリーブ油を入れ、鶏モモ肉を皮目を下にしてのせてそれから火をつける。
    ※温めたフライパンに入れると、身がしまって皮が上手く焼けない。
  • そして一緒に厚めに切ったジャガイモと皮付きのニンニクを入れて中火よりちょっと弱い火加減で皮目を香ばしく焼いていく。
    目安5、6分位。余分な脂はペーパーで吸い取る。
    途中でジャガイモはひっくり返す。
  • ジャガイモに火が通ったら、ジャガイモ、ニンニクを取り出す。
  • フライパンの空いている所にバターを入れてムース状の泡にする。
  • 鶏モモ肉に火が通ったら準備していたバットに取り上げる。
    バットの上で焼いた時間(5、6分)と同じ時間休ませる。
  • それから皿に盛りつけ、最後にジャガイモ、ブロッコリー、ミニトマトを添えて完成。

ムース状の泡を作って身のほうにかけながら焼くと、身がふっくらする。

12月 3日(火)放送

もっこすキッチン(神保佳永シェフ)

ミカン酢豚

  • 191203.png

【材料】(2人分)

・豚肩ロース肉(塊)300g

・戻した干しシイタケのみじん切り 4個

・タマネギのみじん切り 1/2個分(100g)

・ニンジンのみじん切り 1/2本分(80g)

・ミカン(皮を剥いて) 3個

・水溶き片栗粉 少々

・揚げ油 適量

・ごま油 小さじ1

・片栗粉 適量

【豚肉下味】

・ショウガすりおろし、赤酒、ゴマ油 各小さじ1杯分

・ニンニクすりおろし 少々

・しょうゆ、甘酒 各小さじ2杯

・塩 コショウ 少々

・卵白 1個分(下味をつけた後最後に加える)

【甘酢】

・米酢 100cc

・水 150㏄

・砂糖 大さじ3杯

・醤油、ケチャップ、赤酒 各大さじ1杯

【作り方】

  • 豚肉をフォークで刺し、やわらかく、味が染み込みやすくする。食べやすい大きさに切り、ビニール袋に下味の調味料と一緒に入れ、もむ。
  • 豚肉をしっかりもみこんだら、卵白を加え、コーティングする。片栗粉をまぶし、180度の油で香ばしくカリッと揚げる。(下味をつけこみ過ぎると肉がかたくなるのですぐに揚げる。)
  • フライパンにゴマ油を熱し、タマネギ・ニンジンみじん切りを炒めたら、戻した干しシイタケのみじん切りを加え炒め合わせる。
  • 混ぜ合わせた甘酢を加え、水溶き片栗粉でとろみをつける。
  • 揚げた豚肉を絡め、8等分に切ったミカンをさっと絡める。(火を通し過ぎると煮崩れるのでさっと絡めるだけでOK!)
  • 皿に盛り付け、お好みで、ゴマ油をかけて、召し上がれ!

【ポイント】

・下味をつけた豚肉を最後に卵白でコーティングし、肉の味を逃さない
・ミカンはさっと絡め、火を通し過ぎない

バックナンバー

料理レシピ
LINE
ページトップへ