料理レシピ

2019年1月アーカイブ

1月31日(木)放送

もぐもぐクッキング(古家香華先生)

ブアローイナムキン(ゴマ団子入りショウガ湯)

  • 190131.jpg

【材料】(2人分)

〈ゴマ団子〉

白玉粉...40g

だんご粉...40g

水...80cc

〈アン〉

練りゴマ(黒)...20g

すりゴマ(黒)...10g

無塩バター...15g

砂糖...30g

〈ショウガ湯〉

ショウガ(スライス)...4~5枚

黒糖...大さじ2

水...200cc

【作り方】

◎団子(8等分する)

  • ボウルに白玉粉、だんご粉を入れ、少しずつ水を加えながら混ぜ、耳たぶの柔らかさぐらいにまとめる

◎アン

  • ボウルに黒練りゴマ・すりゴマ・無塩バター・砂糖を入れ、軽く湯煎しながらよく混ぜる
    ⇒冷蔵庫で約10分冷やし固める⇒8等分にする
  • 8等分にした団子で、同じく8個に丸めたアンを包む。
  • これを沸騰した湯で茹でる⇒浮いてきたら団子できあがり。

◎ショウガ湯

  • ショウガスライスに黒糖、水を鍋に入れ、沸とうしたら15分ほど弱火で煮る。
  • 器に団子を入れ、熱いショウガ湯を注いだらブアローイナムキンのできあがり!

団子にヒビが入らないように包む
(ヒビが入ると隙間からアンが漏れ出こないようにするため)

1月29日(火)放送

もっこすキッチン(神保佳永シェフ)

焼き白菜とベーコンのクリームスパゲッティ

  • 190129.png

【材料】(2人前)

・白菜 1/5個

・ベーコン 30g

・ニンニクみじん切り 少々

・生クリーム 200cc

・無塩バター 20g

・パルメザンチーズ 大さじ2

・オリーブオイル 大さじ2

・塩、コショウ 適量

・イタリアンパセリみじん切り 少々

・スパゲッティ 140g

【作り方】

  • 白菜の芯を切り取り、食べやすい大きさに切る。
  • ベーコンは短冊切りにする。
  • フライパンにオリーブオイルとニンニクみじん切りを入れ、中火で香ばしく炒める。
  • ベーコンを加え、軽く炒めたら、白菜を加え、強火で焼く。
    *白菜はあまり触らず、強火で香ばしくしっかりと焼く。
  • 白菜をしっかりと焼いたら弱火にして生クリーム、無塩バターを加え約7分煮込む。
  • クリームを煮込んでいる間に、塩を入れたたっぷりの湯でスパゲッティを通常より 約1分短くゆでる。
  • 中火でゆでたスパゲッティとクリームソースを絡め、塩、コショウで味を調え、火を止めて、パルメザンチーズ(大さじ1)を混ぜ合わせる。
  • 皿に盛り付け、残りのパルメザンチーズ、イタリアンパセリみじん切り、オリーブオイルをかけて召し上がれ!

【ポイント】

・白菜はあまり触らずに強火で香ばしく焼く。
 甘みと香りを引き出す。

1月24日(木)放送

もぐもぐクッキング(廣綱裕子先生)

中華風 とろとろ卵とホタテのコーンスープ

  • 190124.jpg

【材料】(作りやすい分量)

水...300cc

ホタテ貝柱缶...小1缶

クリームコーン缶...1缶(200g程度)

鶏ガラスープ(顆粒)...小さじ1と1/2

牛乳...150cc

塩...少々

コショウ...少々

〈卵液〉

卵...1個

牛乳...小さじ1

〈水溶き片栗粉〉

片栗粉...小さじ2

水...小さじ4

【作り方】

  • 鍋に水、ホタテ缶(汁ごと)、コーンクリームを入れて加熱する
  • 沸騰したら鶏ガラスープと牛乳を入れる
    →再度沸騰したら弱火にして7~8分煮る
  • 水溶き片栗粉を少しずつ入れ、よく混ぜる
  • 溶き卵をゆっくり回し入れて火を止める。
    味見をして塩・コショウで調味してできあがり!

水溶き片栗粉を入れた後、しっかり火を通す(なめらかに仕上がる)

1月22日(火)放送

もっこすキッチン(神保佳永シェフ)

サツマイモのホワイトグラタン

  • 190122.png

【材料】(2~3人前)

・サツマイモ 2本

・生クリーム 200cc

・牛乳 200cc

・無塩バター 50グラム

・パルメザンチーズ 大さじ2

・ピザ用チーズ 50グラム

・ナツメグ 少々

・塩 適量

【作り方】

  • サツマイモの両端を切り取り、皮ごとスライサーで厚さ約1ミリの輪切りにする。
  • 無塩バター(10グラム)をグラタン皿に塗り、サツマイモの輪切りを隙間を作らないように、押しながら敷き詰める。
  • 牛乳、生クリーム、パルメザンチーズ、ナツメグ、塩を混ぜ合わせておく。
    (しっかりと塩味をきかせておいたほうが、出来上がりがおいしい)
  • サツマイモを敷き詰めた皿にゆっくりと流し入れ、上に無塩バター(40グラム)を手でちぎってのせる。
  • 190度のオーブンで約25分焼き、サツマイモに火が通ったら、ピザ用チーズをのせて、さらに約5分焼けば、出来上がり!

【ポイント】

・サツマイモは薄切りにし、水につけない!
 火の通りも早く、デンプンも出やすい

1月17日(木)放送

もぐもぐクッキング(山中美和先生)

ミルフィーユハムチーズカツ

  • 190117.jpg

【材料】(2人分)

ロースハム(スライス)...16枚

スライスチーズ...2枚

小麦粉...適量

溶き卵...適量

パン粉...適量

油...適量

【作り方】

  • ロースハムを4枚重ねたものを4つ作り、小麦粉を周りにまぶす
  • スライスチーズは1枚を半分に折り、さらに半分に折りたたむ
  • 小麦粉をまぶしたハム2組の間に折りたたんだチーズを挟む→全部で2つできる
    (ハム4枚+チーズ1枚+ハム4枚が2つ)
  • 溶き卵をくぐらせ、パン粉をつける→これを 再度繰り返す
    (パン粉はしっかりつける)
  • 弱めの中火でキツネ色になるまで揚げる
  • 揚がったら3等分に切り、皿に盛り付けてできあがり!

衣を繰り返して2度つける
(ハムが密着して、揚げた時にチーズが溶けださない)

1月15日(火)放送

もっこすキッチン(神保佳永シェフ)

焦がしネギの鶏つくね鍋

  • 190115.png

【材料】(3~4人前)

・長ネギ 4本

・水菜 1束

・大根スライス 輪切り20枚分

・シイタケ 3個

【鶏つくね】

・鶏ひき肉 400グラム ・ショウガすりおろし 小さじ1 

・ニンニクすりおろし、塩 各少々 ・片栗粉 小さじ1/2

・しょうゆ、酒 各大さじ1

【割りした】

・水 2リットル ・中華スープの素 (水2リットルに対しての希釈分)

・酒100cc ・薄口しょうゆ 大さじ2 ・みりん 大さじ1 ・塩 少々

・ゴマ油 大さじ1.5

【作り方】

  • 長ネギの根元、青い部分を切り取る。白い部分を半分に切り、グリルで香ばしく焼いたら、食べやすい大きさに切る。
  • 大根はスライサーで薄切りにする。水菜は食べやすい大きさに切る。シイタケは、石づきを切り取り、半分に切る。
  • 鶏つくねは材料をすべて混ぜ合わせておく。
  • 鍋に、水と中華スープの素、酒、薄口しょうゆ、みりん、塩を入れて一煮立ちしたら、ゴマ油を加える。
  • 大根スライス、焼いた長ネギ、シイタケを入れ、鶏つくねをスプーンで丸めながら入れる。
  • 水菜を入れて、フタをして煮込み、具材に火が通れば出来上がり!

【ポイント】

・長ネギをグリルで香ばしく焼く。香ばしさ、甘みアップ!

1月10日(木)放送

もぐもぐクッキング(宮本智久シェフ)

エビのアヒージョ

  • 190110.jpg

【材料】(2人分)

無頭エビ(殻付き)...6尾

マッシュルーム...5個

パセリ(みじん切り)...少々

レモン汁...適量

白ワイン...60ml

「香り油」

オリーブ油...120ml

アンチョビ...2本

タカノツメ...1本

ニンニク(みじん切り)...3片分

干しエビ...15g

パプリカパウダー...少々

【作り方】

  • 下準備
     エビの下処理
     足、尾の先は切る
     背ワタをとる
  • 鍋に香り油の材料を全て入れて火にかける(弱火)
  • 香りが出たところで白ワインを入れ、次にエビとマッシュルームを入れて火を通す
  • エビとマッシュルームの火が入ったらパセリとレモン汁を絞ったら完成

焦がさないように油にしっかり香りをつけていく

1月 8日(火)放送

もっこすキッチン(神保佳永シェフ)

セロリと豚バラ肉のピリ辛炒め

  • 190108.png

【材料】(2人前)

・豚バラ肉 250グラム

・セロリ 150グラム

・タマネギ 1/2個

・ニンニクすりおろし 1片分

・ゴマ油 大さじ1

【タレ】

・オイスターソース、酒 各大さじ1 ・豆板醤、甜麺醤 各大さじ1/2

・しょうゆ 小さじ2

【作り方】

  • セロリは斜め薄切りにし、沸騰した湯で約30秒ゆでる。
  • タマネギは薄切りに、豚バラ肉は食べやすい大きさに切る。
  • タレの材料はすべて混ぜ合わせておく。
  • ゴマ油をひいたフライパンを温め、ニンニクすりおろしを加え、香りが出たら豚バラ肉を焼く。
  • 豚バラ肉に軽く火が通ったら、タマネギ薄切りと、ゆでたセロリを加え、野菜がしんなりとするまで強火で炒める。
  • 合わせたタレを加えしっかりと炒め合わせたら、出来上がり!

【ポイント】

・セロリは炒める前に約30秒ゆでると苦手な人でも食べやすい。
 青臭みを取り、甘みを出す。色も鮮やかに!

バックナンバー

料理レシピ
LINE
ページトップへ