ページトップへ戻る
投稿ボックス

もっこすキッチン

10月 4日(水)放送  鶏ささみ肉とたっぷりキノコのトマト煮

  • s171007_R.JPG

【材料】(2人分)

・鶏ささみ肉 4本

・卵 2個(卵黄と卵白に分ける)

・煮大豆 80グラム

・マイタケ、シイタケ、エリンギ、シメジ、エノキなど お好みのキノコ各適量

・タマネギみじん切り 大さじ2

・ニンニクみじん切り 少々

・トマトホール缶 200グラム

・ローズマリー 1本

・ブイヨン 100cc

・パルメザンチーズ 大さじ1

・イタリアンパセリみじん切り 少々

・オリーブオイル 大さじ1

・塩、コショウ 各少々

【作り方】

【肉みそ】

  • 鶏ささみ肉の筋を取り、フォークで両面に穴をあけ、斜め半分に切る。
  • 下処理した鶏のささ身肉を卵白(2個分)に浸け、よくもみ、約30分つけておく。
  • シイタケは軸を切り落とし細切り、エリンギは手で裂き、ほかのキノコも食べやすい大きさにする。
  • オリーブオイルを入れた鍋を中火で温め、鶏ささみ肉を入れ、そのままニンニク、タマネギのみじん切り、キノコを入れ、キノコで全体を覆う。
  • 煮大豆、ブイヨン、トマトホール、ローズマリーを加え、塩、コショウをし、沸騰したら、フタをして弱火で煮込む。途中、鶏ささみ肉が崩れないように、軽く鍋底を混ぜ、約15分煮込む。
  • 器に盛り、仕上げに、溶いた卵黄、イタリアンパセリのみじん切り、パルメザンチーズ、オリーブオイルをかけて、召し上がれ。

【ポイント】

・卵白で鶏のささみ肉をコーティング!肉の水分を逃さずしっとり!

過去のレシピ

放送時間

火曜日
てれビタevery.内で放送中

再放送:土曜日
てれビタおかわり内で放送

出演者

神保佳永

JINBO MINAMIAOYAMA オーナーシェフ

神保佳永(じんぼよしなが)

東京のイタリアンレストラン「JINBO MINAMIAOYAMA」「HATAKE」オーナーシェフ。「シェフと畑との対話」が作り出す、素材の持ち味を最大限に引き出した”心と体に優しいイタリアン”を提供。熊本の野菜に惚れ込み、店の食材にも採用。熊本野菜の「味」と「力」を知り尽くした”野菜の魔術師。”

もっこすファイヤー

MC もっこすファイヤーのりを(左)たく(右)

熊本県の住みます芸人。
「てれビタ」や「サタココ」のリポーターとして活躍。たくは、飲食店のアルバイト経験あり、料理もそこそここなす。のりをは、料理初心者。そんな2人でも上手に作れる料理のコツを学ぶ。

お料理リクエスト大募集

TEL
096-364-7888
FAX
096-364-7999
Mail
televita@kkt.co.jp
ハガキ
〒862-8504
KKTてれビタ
「もっこすキッチン」係
熊本大同青果 ZWILLING J.A.HENCKELS

バックナンバー