ページトップへ戻る
投稿ボックス

もっこすキッチン

11月21日(月)放送  全国ご当地おやつマップ

北海道・秋田県・愛知県で昔から伝わるご当地おやつを紹介した。

★北海道「かぼちゃ団子」

★秋田県「麦まき」

★愛知県「鬼まんじゅう」

北海道・秋田県・愛知県で昔から伝わるご当地おやつを紹介した。

★北海道「かぼちゃ団子」

  • 161121_yo11.jpg

【材料】(5~6個)

カボチャ...200g

小麦粉...40g

片栗粉...40g

油...適量

【作り方】

  • カボチャは、種と皮をとって、ゆでる(または蒸す)
  • カボチャをつぶして、小麦粉、片栗粉を入れて混ぜ合わせる
    (水分が多いときは、粉の分量を調節してください。形が作れる程度が目安)
  • 少し多めの油で、両面を焼き、焦げ目がついたら完成

★秋田県「麦まき」

  • 161121_yo21.jpg

【材料】

小麦粉...500g

砂糖...500g

牛乳...1リットル

卵...5個、塩...少々

(ご家庭分で作りたいときは、この分量の1/4でも可能)

【作り方】

  • 材料をすべてませ合わせて、長方形のホットプレートに生地を流し、固まってきたら生地を巻く
    大きさの目安は、親指と人差し指で、丸を描いた時の大きさ
  • カットするときは、麦まきが冷えてから切ること

★愛知県「鬼まんじゅう」

  • 161121_yo31.jpg

【材料】(4~5個)

カライモ...200g

砂糖...50g

小麦粉80g程度

塩...ひとつまみ

【作り方】

  • カライモは皮をむき、さいの目切りにする
    161121_yo32.jpg
  • ボウルにカライモと砂糖を加えて、混ぜ合わせて15分ほど放置する
    161121_yo33.jpg
  • 15分ほどすると、水分がでてくるので、そこに小麦を入れて混ぜ合わせる
    →小麦粉が混ざらないときは、水を少々加える
    →カライモどうしが絡んで、くっついているぐらいが目安
    161121_yo34.jpg
  • 食べやすい大きさにまとめて、カライモに火が通るまで蒸すと完成
    161121_yo35.jpg

過去のレシピ

放送時間

火曜日
てれビタevery.内で放送中

再放送:月曜日
ひる11時20分~11時30分

出演者

神保佳永

JINBO MINAMIAOYAMA オーナーシェフ

神保佳永(じんぼよしなが)

東京のイタリアンレストラン「JINBO MINAMIAOYAMA」「HATAKE」オーナーシェフ。「シェフと畑との対話」が作り出す、素材の持ち味を最大限に引き出した”心と体に優しいイタリアン”を提供。熊本の野菜に惚れ込み、店の食材にも採用。熊本野菜の「味」と「力」を知り尽くした”野菜の魔術師。”

もっこすファイヤー

MC もっこすファイヤーのりを(左)たく(右)

熊本県の住みます芸人。
「てれビタ」や「サタココ」のリポーターとして活躍。たくは、飲食店のアルバイト経験あり、料理もそこそここなす。のりをは、料理初心者。そんな2人でも上手に作れる料理のコツを学ぶ。

お料理リクエスト大募集

TEL
096-364-7888
FAX
096-364-7999
Mail
televita@kkt.co.jp
ハガキ
〒862-8504
KKTてれビタ
「もっこすキッチン」係
熊本大同青果 ZWILLING J.A.HENCKELS

バックナンバー