ページトップへ戻る
投稿ボックス

もっこすキッチン

12月10日(水)放送  春菊の南関あげ巻き

【材料】(4人分)

南関あげ(小)      3枚

油ぬきと下味を兼ねたもの

お湯            1カップ

市販のダシ        小さじ1

薄口しょう油       大さじ1

春菊            1束

春菊のお浸し用調味料

お湯            1カップ

市販のダシ        小さじ2

薄口しょう油       大さじ1

赤酒            小さじ1

魚のすり身        50g

たくあん         適量

片栗粉          適量

  • 141210_02.jpg

【材料】(4人分)

南関あげ(小)       3枚

油ぬきと下味を兼ねたもの

お湯            1カップ

市販のダシ         小さじ1

薄口しょう油        大さじ1

春菊            1束

春菊のお浸し用調味料

お湯            1カップ

市販のダシ         小さじ2

薄口しょう油        大さじ1

赤酒            小さじ1

魚のすり身         50g

たくあん          適量

片栗粉           適量

【作り方】

1.南関あげは、油ぬきと下味を兼ねたものの中に入れて、しばらく置く。

2.春菊は葉と茎にわけてさっとゆがいたらお浸し用の調味料の中に入れてしばらく置く。

3.まきすの上に水分を絞った南関あげを置き、表面にハケなどで、片栗粉を塗る。

4.その上に魚のすり身も薄く塗り、絞った春菊をのせ、たくあんを細く切ったものを芯にして巻く。
三角形になるように巻く。

5.これを油をひかないフライパンで焼き、3面に軽く焦げ目をつけたら 食べやすい大きさに切って春菊の南関あげ巻き完成!

過去のレシピ

放送時間

火曜日
てれビタevery.内で放送中

再放送:月曜日
ひる11時20分~11時30分

出演者

神保佳永

JINBO MINAMIAOYAMA オーナーシェフ

神保佳永(じんぼよしなが)

東京のイタリアンレストラン「JINBO MINAMIAOYAMA」「HATAKE」オーナーシェフ。「シェフと畑との対話」が作り出す、素材の持ち味を最大限に引き出した”心と体に優しいイタリアン”を提供。熊本の野菜に惚れ込み、店の食材にも採用。熊本野菜の「味」と「力」を知り尽くした”野菜の魔術師。”

もっこすファイヤー

MC もっこすファイヤーのりを(左)たく(右)

熊本県の住みます芸人。
「てれビタ」や「サタココ」のリポーターとして活躍。たくは、飲食店のアルバイト経験あり、料理もそこそここなす。のりをは、料理初心者。そんな2人でも上手に作れる料理のコツを学ぶ。

お料理リクエスト大募集

TEL
096-364-7888
FAX
096-364-7999
Mail
televita@kkt.co.jp
ハガキ
〒862-8504
KKTてれビタ
「もっこすキッチン」係
熊本大同青果 ZWILLING J.A.HENCKELS

バックナンバー