あしたをプロデュース

こちらでは完了した各プロジェクトをご紹介いたします。

最終更新日 2020.5.12

プロジェクト③ ばんぺいゆ神社を作ろう【完】
内容 「八代青年会議所」のメンバーが、60周年記念事業で企画した壮大なプロジェクト、 それは、八代特産の晩白柚の神社をつくろうというもの。 番組では安井まさじがメンバーとともに神社づくりに挑む。完成は11月中旬を予定。
最新状況 昨年12月完成したばんぺいゆ神社だが、やり残したことがあった。それは、晩白柚の原木の移植。所有する古田さんの畑から晩白柚の木を掘り出し、ばんぺいゆ神社に移植する。

最終更新日 2019.11.19

プロジェクト⑦ 夢は、森の中でサーカステントを!【完】
内容 熊本を中心に、人形劇・大道芸を披露している「ピエロック一座」。 彼らの夢は、「森の中でサーカスを行うこと」。 クラウドファンディングで集まった資金で購入した、サーカステント内の色塗りや内装作りのお手伝いをしてきた。 ピエロック一座の公演までの数か月間にカメラが迫る!
最新状況 ピエロック一座の夢である「森のサーカス」は大盛況のうちに終わった。ただ、ピエロック一座にとっては、森のサーカス公演はあくまで始まりに過ぎない。次はどこで我々に夢を見せてくれるでしょうか。

最終更新日 2020.2.18

プロジェクト⑧ ジビエ料理開発で山都町を活性化!【完】
内容 農作物を食い荒らすイノシシやシカ――。鳥獣被害に悩む山都町を元気にしようと、熊本県立大学の学生たちは「ジビエ料理開発プロジェクト」を発足。まさじもメンバーの一員として、メニューの考案から完成までをお手伝い。
最新状況 2020年1月、プロジェクトの集大成として「鹿肉ホットドッグ」が学食で販売された。用意したのは150食。「売り切れるか…」という出口リーダーの心配とは裏腹に、販売開始1時間で売り切れるほどの大盛況だった。今後は山都町内外のイベントなどで販売するなど普及活動を行うという。

最終更新日 2019.12.10

プロジェクト⑨ 東高マーケットを応援!【完】
内容 八代東高校の生徒から番組宛に手紙が届く。内容は、校内最大のイベントである「東高マーケット」を盛り上げてほしいというもの。「東高マーケット」とは、八代東高で毎年行われている販売実習のことで、地域の企業から商品を仕入れ、販売するまでを全て生徒が担っている。準備段階から本番までまさじがお手伝い。
最新状況 2日間に渡る東高マーケットがいよいよ開幕!八代東高出身のもっこすファイヤーも特別ゲストとして駆け付け、会場を盛り上げた。生徒たちは大きな声でお客さんの商品をアピールし、練習の成果を発揮した。日奈久の伝統工芸「竹細工」の店では、集客に苦戦していたが、まさじの提案で出張販売を実施。見事、目標の売上額を達成した。 生徒一人一人が社員となりつくりあげた「東高マーケット」。仲間とともに成し遂げたこの体験は、生徒たちにとってかけがえのない思い出になったに違いない。

最終更新日 2020.6.2

プロジェクト⑯ 菊池農業高校を応援!【完】
内容 コロナウイルスの影響で3月から休校が続く菊池農業高校では、農業、畜産の現場が人手不足に!その為、本来であれば生徒たちが取り組む野菜の収穫や果樹園の手入れ、馬や牛の世話などを担当の職員だけでなく普通科の先生も一緒に作業を行っている状態だ。番組では、人手が足りていない各学科のお手伝いをしていく。
最新状況 6月1日に休校が解除され、普段のように生徒たちが農作業や畜産の世話などを行うようになった。休校期間中に生徒たちの事を思い、畑や動物たちの管理をしていた先生たちに生徒から感謝の気持ちが伝えられた。
ページトップへ