くまもとアグリのチカラ

supported by

ja.png

9月28日(金)

第26回 坂田昌平さん(36歳)

菊池市旭志で黒毛和牛の繁殖農家を営む。 モットーは「病気にならない元気な子牛を産ませること」。 そのためには母牛の徹底した管理が必要だという。 坂田さんは牛の健康度を上げるため牧草を自家栽培。 さらに、ストレスを与えないために牛舎の密度を下げるなど 母牛がのびのびと暮らせる環境作りにこだわる。

9月21日(金)

第25回 内田実花さん(23歳)

菊池市泗水町。祖父母の代から続く家業を絶やすまいと就農。酪農家の道を選んだ。 内田さんの育成方法は「コミュニケーション」。 牛一頭一頭に名前を付けて毎日声掛けをすることで反応を見ながら体調を見極める。 たくさんの愛情を注ぐ飼育方法を確立することが目標と語る。

9月14日(金)

第24回 松山聡史さん(26歳)

球磨郡相良村 お茶の栽培をしてきた両親を見て育ち 4代目を継ぐことを決意した若き生産者。 お茶の栽培が盛んな静岡県の研修施設で基礎知識を学び 就農。 現在父親に美味しいお茶作りを日々学びながら 自分なりのお茶づくりをしていきたいといきごむ。

9月7日(金)

第23回 吉田 忍さん(35歳)

球磨郡あさぎり町。 10年にわたる研究を重ねて去年、県の大会でグランドチャンピオン牛を 獲得した黒毛和牛生産者。 父親から受け継いだノウハウをさらに進化させ、 独自のマニュアルを作成。肥育期間を3つの ステージに分けて餌などを細かく分類する。 世の中の情勢に影響されやすい肥育の経営。厳しい状況にも 負けない強い農業を目指す。

バックナンバー