「学校で子どもが体罰受けても届けず」7割【熊本市】

この記事をシェア

  • LINE
熊本 2021.06.10 11:56

熊本市教育委員会が、保護者に対して実施した、学校での体罰や暴言に関するアンケートの中で「体罰を受けても学校や教育委員会に届け出なかった」と答えた人が7割にのぼった。

アンケートは、今年4月から5月に小中高校、特別支援学校に子どもが通う保護者を対象に実施された。
子供が体罰の被害を受けたとき学校や教育委員会に届け出なかったと答えた人は73%で、届け出なかった理由として「子どもに止められた」「訴えた後のことが心配だった」「相談しても無駄だと思った」との答えがあった。
一方、市の体罰等審議会が昨年度、認定した体罰や暴言は21件で関わった教職員12人のうち40代以上が10人だった。
熊本市教委・橋爪富二雄教育審議員「先生方の言語環境が非常に悪い。いきなり感情を露出させて子どもに指摘して傷つけたり」
市教委では再発防止策を作成し、各学校へ通知したいとしている。