熊本地震の記録

南阿蘇村 大崩落の現場を公開             2016年9月26日

熊本地震で大規模な土砂崩れを起こした南阿蘇村立野の復旧工事の様子が公開されました。公開されたのは標高約750メートルの山頂付近の工事です。現場まではモノレールで斜面を約700メートル上ります。熊本地震の本震で50万立方メートル、ドラム缶で250万本分もの土砂が流れ出したとみられ、阿蘇大橋が崩落したほか、国道57号線や豊肥線が押し流されました。

現場では不安定な土砂を崩す作業が行われていました。国土交通省九州地方整備局は、年内をめどに約6900立方メートルの土砂や岩を取り除く計画です。

エントリー