熊本地震の記録

南阿蘇鉄道代替無料通学バス 民間有料バスに 2017年2月20日

220busA.jpg県は高森町や南阿蘇村の学生を支援するための無料通学バスの運行を3月末で終了することを明らかにしました。

無料通学バスは、地震で南阿蘇鉄道や県道熊本高森線が不通となり、通学の手段が奪われた学生を支援しようと、2016年5月から高森町と南阿蘇村が始め、現在は県が運行しています。しかし県は2月20日夜に南阿蘇村で通学する生徒や保護者を対象に開いた説明会で、無料バスの運行を2017年3月末で終了する方針を明らかにしました。4月からは民間のバス会社が高森中央~肥後大津駅間を朝と夕方の1日2往復運行し、運賃は利用者が負担します。

保護者からは「負担が増える」「部活動の時間に合わせて便数を増やして欲しい」などの声が相次ぎました。県は「無料バスは臨時の措置で、もともと3月末までの予定だった。4月からは有料になるが、今まで利用できなかった一般客も利用できるようになる」と理解を求める方針です。

エントリー