熊本地震の記録

阿蘇・米塚旧火口に深さ10メートルの穴        2016年11月8日

2komezukaA (1).jpg熊本地震で周囲に多くの亀裂ができた阿蘇市乙姫の米塚の旧火口に穴が開いていることが、阿蘇市で開かれた米塚と草千里の保存と活用を検討する会議で報告されました。

米塚は草千里とともに「国の名勝及び天然記念物」に指定されています。 被害状況を確認するために7月中旬にドローンで撮影したところ、米塚の旧火口内の中央付近に幅5.3メートル、長さ7.5メートル、深さ約10メートルの穴が開いているのが確認されたということです。 旧火口を囲むように多数の亀裂も確認されました。

会議の出席者からは「火山灰などで覆われた表面の土が、地震でズレて亀裂につながったのではないか」といった意見が出されました。ただ「その後は亀裂に大きな変化は見られない」として、今後の経過を見守ることになりました。

エントリー