熊本地震の記録

益城町の県道3.5キロを4車線に拡幅 県が計画発表     2016年11月17日

11174車線A.jpg

1117mashiki4syasen.jpg

県は熊本市と益城町を東西に結ぶ県道熊本高森線の益城町広崎~寺迫間3.5キロを、現在の片側1車線(上下計2車線)から2車線(同4車線)に拡幅する計画を発表しました。益城町などの要望に対し、蒲島知事(写真右中央)が「益城町の復興は県全体の復興であり、県が先行して整備することを約束する」と述べました。県は4車線化に向けた調査などを予算化する方針です。

県道熊本高森線は熊本市中心部では4車線化され、市電も通る「電車通り」となっていますが、現在は益城町に入ると車線が狭くなっています。拡幅されるのは熊本市東区と益城町の境界から、国道443号の交差点までです。

完成までには10年ほどの期間を要し、100億円以上の事業費が見込まれています。国の補助金を活用するため、県は新たにこの区間を「益城中央線」として、国の認可を得たい考えです。道路インフラの整備は熊本地震の被害が大きかった益城町の復興に向けた起爆剤としての役割が期待されますが、地元住民の一部からは戸惑いや不安の声が出ています。

エントリー