top
開催日・開催場所
2020年9月28日(月) KKT
合評番組
2020年8月22日(土)放送 「現場発 熊本豪雨×見えない新型コロナ」
議事の概要

KKT熊本県民テレビの第385回放送番組審議会が28日に開かれました。委員9人とKKT幹部らが出席し、8月22日に放送した「現場発 熊本豪雨×見えない新型コロナ」について合評しました。
7月4日、県南部を襲った豪雨で球磨川流域では大規模な水害が発生し、死者・行方不明者が67人にのぼったほか各地で住宅の損壊や流失が相次ぐなど甚大な被害を引き起こしました。全国で初めての「コロナ禍」での災害。被災地で何が起きていたのかを検証しました。
委員からは「3密を避けながらの避難のあり方を考えるきっかけになった」、「ボランティアが足りないのは今回の災害の一番の側面なので、よく描かれていた」などと評価する意見が出ました。一方で、「『コロナはどこかで息をひそめている』という最後のナレーションは少しおどろおどろしかった」、「もっと医学的・科学的な考察を入れた方がよかった」などの指摘もありました。