top
開催日・開催場所
2019年10月28日(月) KKT
議 題
・2019年9月28日(土) 放送 「現場発!にぎわいのマチ、再び~再開発の舞台裏~」の合評
・視聴率の報告
・9月の視聴者の声
議事の概要

KKT熊本県民テレビの第376回放送番組審議会が28日に開かれました。委員6人とKKT幹部らが出席し、9月28日に放送した「現場発!『にぎわいのマチ、再び~再開発の舞台裏~』」について合評しました。
今年9月、熊本市の中心部にオープンした大型商業施設「サクラマチクマモト」。番組では、オープンに向けて奔走する館長や九州初出店の宝石店に密着。また、かつて同じ場所に岩田屋伊勢丹や県民百貨店などのデパートが撤退と進出をくり返した歴史を紹介し、「マチナカ」に賑わいが戻ることを期待する人々の思いも描きました。 委員からは「デパートや交通センターの振り返りで桜町の歴史がわかった」「これからサクラマチがどうなるか、半年後、1年後を検証してほしい」などと評価や期待の意見が出ました。一方で「一つ一つが掘り下げ不足で、テナント誘致の裏側や苦労も知りたかった」「館長の経歴や役割の説明が足りなかった」などの指摘もありました。