top
開催日・開催場所
平成31年2月25日(月) 熊本市内
議 題
・平成31年1月26日(土) 放送 『現場発!おかえり動植物園~2年8か月の歩み~』の合評
・視聴率の報告
・1月の視聴者の声
議事の概要

 KKTくまもと県民テレビの第369回放送番組審議会が25日、開かれました。委員7人とKKT幹部らが出席し、1月26日に放送した「現場発!おかえり動植物園~2年8か月の歩み~」について合評しました。
 熊本地震で大きな被害を受けた熊本市動植物園。飼育員や獣医師たちは動物の命を守ろうと奔走する一方、市職員として避難所運営にあたるなど異例の事態に直面しました。番組では、地震を乗り越えて全面再開を果たした動植物園の歩みとともに飼育員らの奮闘ぶりを追いました。
 委員からは「心が温まる番組で、地元の人たちが動植物園の再開を待ち望んでいるのが伝わった」「飼育員から『地震を風化させないで引き継いでいきたい』という言葉を引き出したのはよかった」などと評価する意見が出ました。
一方で、「話題やエピソードは多いが、どれも掘り下げ不足だった」「飼育員の苦悩や苦労が伝わってこなかった」との指摘もありました。