アナウンサー日記

top

カープのキャンプ見学に行きました!

2019/3/14更新

三宅宣行

2月といえばプロ野球のキャンプシーズン。大ファンの広島東洋カープのキャンプが行われている宮崎県の日南市に今年も出かけました!

190313_01.jpg

最寄りのJR日南線・油津駅には去年から「日本一のカープ油津駅」と愛称がつき、まさに駅を降り立った時からカープ一色。

セリーグ3連覇を達成したカープへの注目度は年々高まっているようで、キャンプが行われている日南市の天福球場は大勢のファンでとにかく賑わっていました。球場内を移動するのも大変でした(笑)。

190313_02.jpg

今シーズンから加入した長野選手をはじめ、背番号「1」を背負うことになった鈴木誠也選手など注目選手の練習の様子を間近で見られて今年も日南に行って良かったなぁ...と思いました。そういえば4月には熊本で巨人対広島の試合が予定されています。私も必ず観戦に行きますよ!

190313_03.jpg

備前焼を楽しもう!

2019/3/8更新
井上千沙

熊本市中央区の県伝統工芸館で開かれている
「備前焼」の展示会に行ってきました(*^^*)

釉薬(うわぐすり)という仕上げの絵の具を使わずに焼き上げる備前焼。
炎の加減で、変化に富んだ模様や色合いが出るの特徴です。

会場には、お皿や湯飲み、花瓶などが約700点も並んでいて、
中にはこんなものも
190307_01.jpg
桃の形をした「細工玉」という魔法の備前焼!!
なぜ魔法かというと・・・
この手のひらサイズの桃を水やビールなどに入れると
味がまろやかになるんだそうです!

他にも、会場にはロクロ体験コーナーが
190307_02.jpg

私もロクロに挑戦してきました。
190307_03.jpg

備前焼の粘土はキメが細かくツルツルしていて触っていると気持ちがいい!

190307_04.jpg
私はビアマグを作りました。
グラスの厚みを薄く均等にするのが難しかったのですが
自分で作ると愛着がわいて、7月の焼き上がりが今から楽しみです!

見るだけでなく、お気に入りを購入したり
実際に体験までできる「備前焼三人展」は
熊本県伝統工芸館で今月10日(日)まで行われています。

作品を作られた陶芸家の方もいらっしゃるので
備前焼の「へぇ~」と思う色んなお話もぜひ聞いてみて下さい!

身長218センチ!!

2019/2/7更新
井上千沙

先週のてれビタにサントリーのバレーボールチーム「サンバーズ」の
熊本出身の岡本祥吾選手と
ロシア出身のドミトリー・ムセルスキー選手、
そして、荻野正二監督が来てくださいました!

中でも驚いたのはムセルスキー選手の身長の高さ!!
なんと218センチもあるんだそうです!!!

バレーボール選手の中でも世界トップレベルの高さなんだそうです。

私は自称日本一小さいアナウンサー・・・
(これまで144センチと言っていましたが、ムセルスキー選手にお会いする前に
会社のメジャーを使って測ってみたところ・・・なんと143センチ。
ん???縮んだ??? もともとが盛ってた??? ショックでした...)

ということで、今回インタビューのお手伝いをさせてもらったのですが・・・
190205_01.jpg

ハンドマイクがムセルスキー選手に届かない(笑)
背伸びしてギリギリ・・・

身長差は75センチですが、並ぶと倍くらいに見えますね。
手足も長くて、生で見ると本当に迫力がすごいんです!

目を合わせる時は、垂直に顔を見上えないといけません(笑)
190205_02.jpg

最初は大きくて、堂々とされていて、クールな方なのかなと思っていましたが
実は、笑顔がステキでとても気さくなムセルスキー選手
「僕の3歳の子どももあなたと同じくらいの大きさだよ!」と話しかけてくださいました。
3歳のお子さん(笑)遺伝子ってすごいなぁ...と改めて実感しました。

190205_03.jpg
こんな凸凹な2ショットなかなかないですね(笑)

今回インタビューさせていただいて、
一度ムセルスキー選手が試合をさせている姿を生で見てみたい!!
そんな気持ちになりました(*^^*)
サンバーズの皆さんありがとうございました!

宮崎兄弟生家の梅の木

2019/1/28

永田莉紗

先日の「現場デス」で
荒尾市の宮崎兄弟の生家に行ってきました。

190128_01.jpg190128_02.jpg

生家はなんと、かやぶき屋根!

築200年ほどだそうです。

そして、この日の中継でご紹介したのが、こちらの梅の木です!

190128_03.jpg

樹齢が250年から300年で、
宮崎家が菅原道真とゆかりがあったことから、太宰府天満宮から植え替えられたものと
言われているそうです。

190128_04.jpg

近寄ってみると、梅のいい香りがしました。

この梅、実は宮崎兄弟の滔天(とうてん)と、
およそ100年前に民主化のため清王朝を倒して中華民国を作った偉人、孫文にゆかりがあるんです。
孫文を支援していた宮崎滔天を、辛亥革命成功のお礼に訪れた際、
この梅の木の前で一緒に写真を撮り、孫文がお礼の言葉などを伝えたそうです。

190128_05.jpg
生家には、孫文が宮崎家を訪れた時の様子が再現されています。(左が滔天、右が孫文です。)
梅の木は、別名「中山梅(ちゅうざんばい)」とも呼ばれていて、
孫文が日本にいた時に「中山樵(なやかまきこり)」と名乗っていたことにちなんでいるそうです。
すぐ横には資料館もあって、宮崎家の歴史を詳しく知ることもできます。

歴史を感じながら、ゆったりとした時間が過ごせる場所で、心がとても落ち着きました。
梅は、2月上旬まで楽しめそうだということです!

安井まさじさんと大阪旅♪

2018/12/8更新
井上千沙

先日、安井まさじさんの大阪時代の思い出の地を巡るロケに行ってきました。

なんばグランド花月
181207_01.jpg

181207_02.jpg

私も滋賀県出身で学生時代は大阪によく遊びに行っていたので
とても懐かしい気持ちになりました~

心斎橋グリコ前では観光客の方にまぎれて、グリコポーズ(笑)
181207_03.jpg

くいだおれ太郎にも会いました。
太郎はなんとなく可愛くて...自然と笑顔になります。
181207_04.jpg

そして、大阪と言えばやっぱりおいしいものがいっぱい!
通天閣の近くでは串カツを♪
自由軒のドライカレーにも初挑戦!
181207_05.jpg

帰りは新大阪駅で551の豚まんを買って
新幹線に乗り込みました・・・大阪大満喫(笑)

熊本に帰った翌日の仕事中は
楽しい旅行から帰ってきた後の寂しさのような気持ちが1日続きました(笑)
安井まさじさんの思い出の地を巡る大阪旅は
12月10日(月)のてれビタで放送予定です!

熊本から大阪までは新幹線で約3時間なので
年末年始の旅行にもおススメですよ(^^)

エントリー

バックナンバー

アナウンサー