ティショットは、左サイドのフェアウェイバンカーとグラスバンカーが気になりますが、右はOBがあるため、フェアウェイ中央より左めを狙います。フェアウェイバンカーから先は下り傾斜になっていて、セカンドショットが左足下がりの難しいショットになることもあります。幸先よくバーディー発進したいスターティングホールです。 フェアウェイセンターの大きな木が、このコースの大きな特徴。ティショットを木の後ろにつけると2オンが難しくなりますので、フェアウェイ右側ギリギリの狭いところを狙います。ティショットの方向性と距離感が試される最高難度のホールです。

グリーンは、奥から手前へ傾斜が強くとても速い2段グリーンになっています。カップが下の段に切られている時は、オーバー厳禁です。逆にカップが上の段なら、奥からのアプローチは優しいので、ピンをデッドに狙っていくことができます。 右ドッグレッグのパー5。ティショットはドライバーで右のフェアウェイバンカー越えを狙います。飛ばし屋は積極的に 2オンを狙ってくるでしょう。イーグル、バーディーを狙いたいチャンスホールです。

左ドッグレッグのパー4。ティショットは左のフェアウェイバンカー越えを狙います。飛距離の出る選手はフェアウェイを突き抜けてしまうので、刻む必要があります。グリーン面には2つのマウンドが微妙にからんだ段差があり、精度の高いセカンドショットが要求されます。
ティショットは、左サイドにあるくぼ地(がけ)には落としたくないところですが、かといって右サイドに打っていくと、セカンドショットがグリーン手前の大きな木に邪魔されて2オンが難しくなるので、フェアウェイセンターにしっかりと運ぶ必要があります。ティショットをいいポジションに置ければ、セカンドショットはショートアイアンで行けるので、バーディーが狙えるホールとなります。

ティショットはフェアウェイ右角のバンカーの上を狙っていきます。もしバンカーにつかまったとしても、セカンドショットには問題は残りません。バンカーを怖がって左に曲げてしまうと、フェアウェイを突き抜けて右の林に入ってしまいます。 打ち下ろしのパー3。高低差による風の影響に加え、グリーン上の風向きや強さの変化をどう読むかがカギになります。受けグリーンとなっていますが、傾斜がきついので、横につけるとアプローチ、パットとも難しくなります。

右ドッグレッグのパー5。ティショットは右のフェアウェイバンカー越えを狙います。グリーン手前の木に影響されないよう、セカンドショットをいい位置につけて3打目勝負でいく選手が多いでしょう。セカンドショットのマネジメントが鍵となります。  

左ドッグレッグのパー4。左サイドにはバンカー、かといってあまり右にいきすぎるとセカンドショットに長い距離が残ってしまいます。ティショットはフェアウェイセンターからやや右方向狙い。正確な方向性が必要となるホールです。 距離のあるロングホール。ティショットは、左にある木の真後ろだけは避けて、真ん中に打っていきます。セカンドショット以降は、右サイドのOBがあるため、やや左めから攻めていくことを心がけます。

ティショットは左サイドのバンカーに注意し、フェアウェイ右サイドの木を目印に打っていきます。打ち下ろしになるセカンドショットでは、グリーン面が全て見える上、ボールも止まりやすいので、ピンをデッドに狙っていきたいところです。 グリーン左の木は以前よりも気にならなくなりましたが、それでも右側の木々含めて張り出しが強く、狙いどころが狭いパー3です。アゲンストの風が強く吹くことが多く、ヤーデージよりしっかり打っていかないといけないホールです。

打ち下ろしのティショットでは、左右に待ち構えるフェアウェイバンカーを避け、正確にセンターに運びたいところ。セカンドショットはショートアイアンで打てるので、確実にピンにつけ、バーディチャンスにしたいホールです。 ティグラウンドからグリーンまで真っ直ぐ打ち上げていくパー4。フェアウェイバンカーが気になります。左に曲げがけ下に落ちてしまうと、リカバリーは至難の業です。縦長の2段グリーンを狙う打ち上げのセカンドショットで、きっちり距離を合わせられるかどうかが勝負です。

風の影響を強く受けやすいこのホール。風が回りやすく、またティグラウンドではこの風を感じにくいので、ピンフラッグや木の揺れ方で風をよく読んで、ティショットを打ちたいホールです。 やや打ち上げとなるティショット。左サイドにはフェアウェイバンカーと大きな木があるので、右サイドからセカンドショットで花道を狙っていくのが最善策です。木の後ろにつくと、セカンドショットの難易度が格段に上がります。段があり、奥へ下っていくグリーンは、ピンと違う段につけると難しいパッティングとなります。


2オンを狙うためには、右バンカーの左サイド越えを狙っていきます。落ちどころによっては下り傾斜でランが出て2オンが狙える距離に行きますが、ライの状態や風など状況を見極めて、2オンを狙うか刻んでいくか、冷静に判断することが重要です。