2015年4月19日 LPGAツアー第7戦「KKT杯バンテリンレディスオープン」(賞金総額1億円、優勝賞金1,800万円)の最終日が熊本県菊池郡菊陽町で開催され、プロ8年目の菊地絵理香(26)が初日から首位を守る完全勝利でツアー初優勝を飾った。

昨季、2度のプレーオフで敗れ、優勝のチャンスを逃してきた菊地。しかし第2日、一時、首位を明け渡したものの、上がりの2ホールで大逆転。しかも18番は会心のアプローチでイーグル賞(100万円)を獲得。そして混戦の上位争いが予想された最終日。5バーディー、2ボギーの69をマークし、通算9アンダーと2位以下に5打差をつける圧勝だった。

優勝が決まり、他のプロから祝福されると思わず涙がこぼれ、最後は「プロになって良かったと心から感じました。これからもっと苦労するでしょう。私は、私のリズムで行きます。自分に向上心がどれだけあるか、挑戦です。」と改めて誓った。

なお、通算4アンダーの2位タイはイ・ボミ(韓国)、若林舞衣子。通算3アンダー、4位タイに上田桃子(熊本出身)、藤田光里、渡邉彩香が入った。前回、15歳293日の史上最年少優勝を遂げたアマチュアの勝みなみは47位。また熊本出身者は、先の上田のほか、有村智恵が1アンダーの9位タイ、イーブンパーの一ノ瀬優希が11位、1打差の14位に笠りつ子、31位に豊永志帆、そしてベストアマチュア賞は永井花奈(日出高校3年)、18ホールのイーグル賞には菊地のほかに西山ゆかり…などの結果となり、女子プロゴルフ王国、熊本で華やかに繰り広げられた大会は幕を下ろした。

2015年度 KKT杯バンテリンレディスオープン 菊地 絵理香 熊本空港カントリークラブ
(菊池郡菊陽町)
2014年度 KKT杯バンテリンレディスオープン 勝 みなみ
2013年度 KKT杯バンテリンレディスオープン 佐伯 三貴
2012年度 西陣レディスクラシック 若林 舞衣子
2011年度 西陣レディスクラシック 不動 裕理
2010年度 西陣レディスクラシック 朴 仁妃
2009年度 ライフカードレディスゴルフトーナメント 李 知姫
2008年度 ライフカードレディスゴルフトーナメント 馬場 ゆかり
2007年度 ライフカードレディスゴルフトーナメント 上田 桃子
2006年度 ライフカードレディスゴルフトーナメント 不動 裕理
2005年度 ライフカードレディスゴルフトーナメント 横峯 さくら
2004年度 再春館レディース火の国オープン 不動 裕理
2003年度 再春館レディース火の国オープン 李 知姫
2002年度 再春館レディース火の国オープン 涂 阿玉
2001年度 再春館レディース火の国オープン 肥後 かおり
2000年度 再春館レディース2000火の国オープン 米山 みどり
1999年度 再春館レディース 平尾 南生子
1998年度 再春館レディース 服部 道子
1997年度 再春館レディース 山崎 千佳代
1996年度 再春館レディース 李 英美
1995年度 再春館レディース 吉川 なよ子 高遊原カントリークラブ
(上益城郡益城)
1994年度 再春館レディース 塩谷 育代
1993年度 再春館レディース 城戸 富貴
1992年度 再春館レディース 塩谷 育代 玉名カントリークラブ(玉名市)