料理レシピ

2015年12月アーカイブ

12月24日(木)放送

おまかせマンマ (吉本 多恵子先生)

牛肉の変わりハトシ

  • 151224.jpg

【材料】(4~5人分)

牛ひき肉...250g

<肉下味>

塩...小さじ1

ショウガ汁...小さじ1

溶き卵...1/2個分

サンドイッチ用のパン...4枚

白ゴマ...適量

【作り方】

  • 牛ひき肉に下味をつけてよく練る。
    →4等分にする
  • パンの片面に片栗粉を振り、1のひき肉を平らにぬる
  • 溶き卵を上にぬり、ゴマを振り表面を覆う
    →手で軽くおさえる
  • 170℃の油にゴマの面を下にして入れ、ゆっくりきつね色に揚げる
  • パンの耳を切り、食べやすい大きさに切って皿に盛り付けてできあがり!

・ゴマの面から揚げる

12月23日(水)放送

水曜スイッチ(わたなべまみさん)

残り物が大活躍!エコレシピ

冷蔵庫に余りがちな残り野菜や、生ごみで捨ててしまいがちな野菜のへたなども 料理に活用!おいしく食べてごみも減らせるエコレシピを熊本市民が考案して1冊の本に。

掲載されたレシピの紹介に加え、食育料理研究家のわたなべまみさんにさらなるアレンジを加えたエコレシピを実演してもらう。

  • 151223_01.jpg

◆長井美保さん考案 くず野菜と冷やごはんナゲット

【材料】(約30個分)

鶏のムネ肉...2枚

くず野菜...約350グラム

冷やごはん...茶碗2分の1杯

卵...1個

片栗粉/砂糖...各大さじ2

塩こしょう...適量

【作り方】

  • 鶏肉を細かく切り、包丁でたたいてつぶす
    ★ポイント
    (皮も脂も一緒に入れるとナゲットがジューシーに仕上がる)
  • くず野菜をみじん切りにする ★ポイント
    ・火の通りがよく、水分が少ないものが向いている。
    キャベツ(芯まで可)、ピーマン、玉ねぎ、ホウレン草、小松菜など
    ニンジンはすりおろして使う
    ・野菜はへたギリギリまで使うことで、生ごみも減らせる
    ・エノキやシイタケなどのきのこ類は軸まで使える。
    ・くず野菜が出るたびにみじん切りにしてジッパー付の袋で冷凍保存するとよい
  • 鶏肉とくず野菜を混ぜる
    ★ポイント
    分量の目安は肉と野菜が1:1
  • 冷やごはんをねばりが出るまでつぶして混ぜる
  • 卵、片栗粉、砂糖を入れ塩こしょうで味付けする
  • 全ての材料をねばり気が出るまでよく混ぜる
  • スプーンで成形し、170度の油で揚げる
  • 151223_02.jpg

★さらにアレンジ!ライスコロッケ

【材料】(作りやすい分量)

鶏のムネ肉...1枚

くず野菜...約200グラム

冷やごはん...茶碗2杯半

卵...1個

片栗粉/砂糖...各大さじ2

塩こしょう...適量

ケチャップ...大さじ3

ピザ用チーズ...適量

小麦粉/パン粉...適量

【作り方】

1~3まではナゲットと同じ

     
  • 冷やごはんにケチャップを混ぜてトマトライスを作り、鶏肉、野菜と混ぜる
  • 片栗粉、砂糖を加え塩こしょうで調味する
  • ピザ用チーズを入れて成形する
    151223_03-01.jpg151223_03-02.jpg151223_03-03.jpg
  • 卵、小麦粉、パン粉をまぶし170度の油で揚げる

かんたんエコレシピBOOKはホームページからダウンロード可

エコレシピ 熊本市 で検索

151223_kensaku.png

12月17日(木)放送

吉本料理道場(吉本 多恵子先生)

お正月に食べたくなる のっぺ汁

  • 151217.jpg

【材料】(※およそ10杯分)

・サトイモ  400g(4~5個)

・ニンジン  150g(1本)

・ダイコン  150g(4センチ長)

・鶏もも肉  1枚

・干しいたけ 4枚

・こんにゃく 250g(1枚)

・だし    10カップ

・しいたけの戻し汁 2~3カップ

・塩     小さじ2

・赤酒    大さじ1

・うす口しょう油 大さじ3

【作り方】

※鶏ガラだしの取り方

鶏ガラ(2羽分)を、一度お湯に通して綺麗にする。さらに濁らないように弱火で3時間ほど煮込み、最後にかつおぶし(250g)を加える。市販のだしを使う場合は、かつおぶしや昆布等を組み合わせるなどして、濃いめのだしを取る

※下ごしらえ

  • 干しいたけ ⇒ 2~3カップの水で戻し、1センチ角に切る
  • サトイモ ⇒ 皮をむき、1センチ角に切ったら軽く洗う。水からゆでて沸いたら火を止め、ザルに上げて洗っておく
  • ニンジン・ダイコン ⇒ 皮をむき、1センチ角に切る
  • こんにゃく ⇒ 下ゆでをして、1センチ角に切る
  • 鶏もも肉 ⇒ 洗って水気をふき、1センチ角よりやや大きめに切る
  • 沸かす前のだしに鶏肉、サトイモ、ニンジン、ダイコン、こんにゃく、干しいたけを入れて、強火にかける
  • 沸騰したら汁が濁らないように弱火にして、具に火が通るまで15分ほど煮込む
  • 塩・赤酒・うす口しょう油で味を調えたら出来上がり!

12月10日(木)放送

おまかせマンマ (吉本 多恵子先生)

おせちにおすすめ豚肉の八幡巻き

  • 151210.jpg

【材料】(4~5人分)

豚モモ薄切り肉...400g

ゴボウ...300g

砂糖...大さじ2

赤酒...大さじ2

酒...大さじ1

しょう油...大さじ3

水...1/2カップ

【作り方】

  • ゴボウは皮をこそぎ、豚肉の長さに合わせて切り、たて2等分に切る
    →水にさらす
  • 鍋にたっぷりの水を入れ、酢を少々入れ30分程ゆでる→ザルに上げる
  • まな板に豚肉を縦に2枚並べて敷き、その上にゆでたゴボウ数本をまとめて並べゴボウを豚肉で巻き上げる
  • さらにタコ糸を巻き付けて、肉がはがれないようにする
  • フライパンに調味料を入れて沸かし、4を入れて照りがつくまで煮る
  • 粗熱が取れたらタコ糸を取り2センチ長さに切り揃え、皿に並べてパセリをのせてできあがり!

・タコ糸でしっかり巻く
・しっかり照りつける

12月 9日(水)放送

水曜スイッチ 伝えたい喜美子お母さんの知恵 (松永喜美子先生)

具だくさんローフポーク

  • 151209.jpg

【材料】(作りやすい分量)

豚ひき肉 350g

下味用
ショウガ汁 大さじ1
赤酒 大さじ2
濃口しょう油 大さじ1と1/2
甘酒 大さじ2
コンソメ(顆粒) 小さじ1
黒コショウ 適量(多めがいい)

卵  1個

中に入れる具材
冷凍枝豆 30g
キクラゲ 30g
ベーコン 30g
チーズ 30g
うずらの卵 8個

片栗粉 大さじ2

【作り方】

  • 豚ひき肉に下味をつける。
    ショウガ汁、濃口しょう油、赤酒、甘酒、コンソメ、黒コショウを一つずつ入れ、その度に混ぜる。
  • 油をひかずにしっかり火を通す。
  • これをフードプロセッサーにかけて、つぶす。
    粗熱が取れたらここに残りの豚ひき肉をいれて回し、きれいにつぶす。
    →ボールに移す。
  • 具材(キクラゲ、ベーコン、チーズ)は枝豆の大きさに切る。
    うずらの卵は両端を少し切る。
  • うずらの卵以外の具材(うずらの卵の切った両端も)に片栗粉の半量を入れ、よく混ぜる。
    →先ほどの(3の)豚ひき肉を入れ、よく混ぜる。
  • うずらの卵にも残りの片栗粉をまぶす。
  • (3の)豚ひき肉の半分を型(市販のアルミケース、今回は19×6を使用)に入れる。
  • 台にポンポンして空気をぬき、真ん中にうずらの卵を並べる。
  • 残りの豚ひき肉を入れ、同じように空気をぬく。
  • 表面をヘラで整える。
    →オーブントースタで焼く。
    目安700Wのオーブントースターを使用。
    下火で15分、一回取り出し裏がえして上火で5、6分焼く。
  • 1晩置いて好みの厚さに切って盛り付けたら完成。

12月 3日(木)放送

おまかせマンマ (吉本 多恵子先生)

変わり松前漬け

  • 151203.jpg

【材料】(4~5人分)

早煮昆布...15g

スルメ(大)...1枚

キャベツ...200g

ニンジン...200g

<漬け汁>

かつお節と昆布のだし...2カップ

しょう油...1カップ

酒...50cc

赤酒...50cc

砂糖...大さじ1

【作り方】

  • 昆布は水につけておく
    →柔らかくなったら、4センチ長さの5ミリ幅に細切り
    ※材料は4センチ長さに切る
  • ニンジン・キャベツは4センチ長さの5ミリ幅に薄切り
  • スルメは縦半分に切り、センイに沿って3ミリ幅に切る。足も4センチ長さに切る。
  • 漬け汁を作る ボウルにだし・しょう油・酒・赤酒・砂糖を入れ混ぜる
  • 漬け汁に切った材料を入れ、表面をラップで落し蓋のようにぴったりと覆う
    一晩~2日漬けたらできあがり!

・材料は4センチ長さ
・表面をラップで覆う

バックナンバー

料理レシピ
LINE
ページトップへ