もっこすキッチン

次回は3月1日(水)午前11時25分放送 菜の花と炒り卵のミモザ風手毬寿司

170301.png

【主な材料】

菜の花、卵、米など

2月22日(水)放送 長ネギと鶏肉のスパゲッティ パルミジャーノ風味

170222.png

【材料】(2人分)

・鶏もも肉 150グラム
・長ネギ 2本
・スパゲッティ 160グラム
・ブイヨン 50cc
・白ワイン 30cc
・オリーブオイル 30cc
・無塩バター 5グラム
・ニンニクのみじん切り 適量
・鷹の爪(種を取る) 1本
・塩、コショウ 適量
・パルメザンチーズ 適量

【作り方】

  • 長ネギを斜め1センチ幅に切る。長ネギの青い部分は別にとっておく。
  • スパゲッティを長ネギの青い部分と一緒に茹でる。
  • 一口大に切った鶏もも肉に、塩、コショウを振り、オリーブオイル半量をひいたフライパンで皮面をカリカリと香ばしく焼いたら、ネギを加え炒める。
  • 弱火にして、さらにオリーブオイル半量を加え、鷹の爪、ニンニクのみじん切りを加えて炒め、白ワインを入れたら、強火にしてアルコール分を飛ばす。
  • バター、ブイヨンを入れて煮込む。
  • 長ネギの青い部分を取り出した、茹でたスパゲッティ、ゆで汁(約80cc)を加えて混ぜ合わせ、仕上げに、塩、コショウ、パルミジャーノチーズを入れて完成。

ポイント

・長ネギの青い部分をスパゲッティと共に茹でる
・麺にネギの風味を染み込ませる

2月15日(水)放送 生ハムとほうれん草の生春巻き

170215.png

【材料】(2人分)

・ほうれん草 6軸
・生ハム 2~4枚
・生春巻きの皮 2枚
・カマンベールチーズ 100グラム

【タレ】
・ショウガすりおろし 適量
・オリーブオイル 大さじ2 
・バルサミコ酢 大さじ1と1/2
・しょう油 大さじ1
・ラー油 小さじ1

【作り方】

  • ほうれん草をよく洗い、葉と茎に分ける。(葉を一枚一枚つかんで筋と分ける。)
  • 塩を入れたたっぷりのお湯で茎を30~40秒、葉を10秒ほど茹で、氷水に落としよく水気を切る。
  • ラップの上に、生春巻きの皮をのせ、ほうれん草の葉を敷きつめる。
  • 真ん中に、生ハム、ほうれん草の茎、カマンベールチーズを置き、丸く棒状にラップを使って包み込み、冷蔵庫で30分冷やす。
  • タレの材料を全部混ぜ合わせ、輪切りに切った生春巻きにタレを添えて完成。

ポイント

・ほうれん草を葉と茎に分ける
・葉に筋を残さず食感良く!

2月8日(水)放送 白菜のミルフィーユカツレツ

170208.png

【材料】(2人分)

・豚バラ肉スライス 4枚
・白菜 大3枚分
・味のり 4枚
・スライスチーズ 4枚
・卵 3個
・小麦粉、生パン粉、塩コショウ、揚げ油、とんかつソース 各適量
・お好みで、キャベツの千切り、カットレモンを添える

【作り方】

  • 白菜の葉を半分に切り、それを3枚用意する。
  • 白菜の上に、同じ大きさの豚バラ肉をのせ、塩、コショウをふり、味のり、スライスチーズをのせる。さらに白菜をのせ、同じように具をのせて、白菜をかぶせる。
  • 軽くつぶして、半分に切り、包みながら形をととのえる。
  • 小麦粉、溶き卵、生パン粉の順に衣をつけたら、また、溶き卵、生パン粉を2度つけする。
  • 180度のサラダオイルで香ばしく揚げる。
  • お好みで、キャベツの千切り、カットレモンを添え、とんかつソースをかけて完成。

ポイント

・衣を2度づけして、形をしっかりととのえる

2月1日(水)放送 大根のニョッキ トマトソースとバジリコ

170201.png

【材料】(2人分)

・大根おろし 300グラム(水気を切ったもの。大根約1本分)
・長ネギのみじん切り 大さじ2
・片栗粉 大さじ3
・塩 少々

・オリーブオイル 大さじ2
・ニンニクのみじん切り 適量
・ミニトマト 10個
・トマトホール缶 300グラム
・バジルの葉 6枚
・パルメザンチーズ 適量
・塩・黒コショウ 各適量

【作り方】

  • 【ニョッキ作り】
    ・大根は皮をむいて、おろし、ザルにあげて水気をよく切る。
    ・よく水気を切った大根おろしに長ネギのみじん切り、片栗粉、塩少々を加え、よく混ぜ、ニョッキの形にととのえる。
  • フライパンにオリーブオイル(大さじ1)をひき、中火でニョッキを焼き、両面に香ばしい焼き色をつける。
  • さらにオリーブオイル(大さじ1)、ニンニクのみじん切りを加えて炒め、トマトホール缶、半分に切ったミニトマト、バジルを入れて、2~3分煮込む。
  • 塩、コショウで味を調え、パルメザンチーズをかけて出来上がり

ポイント

・大根おろしの水気をしっかりと切る
・大根のもちもち感を出す

バックナンバー