知って得する女性の健康

2月25日(日) 女性の健康を守るために 乳がん検診

以前は触診だけだった乳がん検診も
マンモグラフィーや超音波検査(エコー)が導入され
見つからなかったがんが見つかるようになりました。

■乳がん検診の大切さ

180225_02.jpg

まずは触診を行います。

180225_03.jpg180225_04.jpg


180225_05.jpg

一枚の写真で乳房全体を見ていきます。

180225_07.jpg180225_06.jpg

超音波検査は部分部分を見ていきます。
どちらも大切な検査です。

180225_08.jpg180225_10.jpg180225_11.jpg180225_12.jpg

乳がん検診は自覚症状のない初期のガンを発見するためにも
とても大切です。検診は必ず受けましょう。

2月18日(日) 女性の健康を守るために 乳がんについて

乳がんは女性の30歳~64歳では
死亡原因の1位となっています。
痛みがなく、症状がないまま進行しているケースもあります。

180218_02.jpg180218_01.jpg180218_03.jpg

■乳がん発症のリスクが高い人

180218_04.jpg

■乳がん予防

180218_05.jpg

■受診・検診の大切さ

180218_07.jpg180218_08.jpg

乳がんの治療は選択肢も多く
早く見つけることが一番です。

180218_09.jpg

異常を感じたら早めに専門医を受診しましょう。

2月11日(日) 女性の健康を守るために 子宮頸がん検診の内容

市町村では子宮頸がんの検診を20歳以上を対象に
2年に1回行っています。

180211_01.jpg180211_02.jpg

■子宮頸がん検診の内容

180211_03.jpg

細胞採取だけでは十分ではないので
子宮筋腫や他の病気を見つけるためにも
超音波検査も受けましょう。

180211_04.jpg180211_05.jpg

■子宮頸がん治療と予防

180211_06.jpg180211_07.jpg180211_08.jpg180211_09.jpg

■子宮頸がん予防ワクチン

180211_10.jpg180211_11.jpg180211_12.jpg

2月4日(日) 女性の健康を守るために がんと検診の必要性 1

健康を守るために大切な検診。
定期的な受診は病気の早期発見につながり
治療への大切なステップとなります。

■子宮頸がん

子宮は体部と頸部に分かれており
それぞれにできるがんが子宮体がん 子宮頸がんです。
子宮頸がんは発症率が高く、20代の罹患も多くなっています。

180204_02.jpg180204_03.jpg180204_04.jpg

■子宮頸がんの症状

180204_05.jpg180204_07.jpg180204_08.jpg

妊娠をきっかけに子宮頸がんが見つかるという人も
少なくありません。

■子宮頸がんの検診の重要性

180204_10.jpg180204_11.jpg

子宮筋腫や卵巣腫瘍を発見することもあります。

■予防ワクチン

予防ワクチンは色々な問題があり
副作用がないわけではありませんが
発症率を抑えるというデータも出始めています。

180204_12.jpg180204_13.jpg

検診で発見できる女性特有の病気
検診は必ず受けましょう。

バックナンバー