知って得する女性の健康

次回予定 12月17日(日)あさ11時25分 不妊治療のすすめ方

12月3日(日) 妊娠・出産までの道のりをサポート 不妊治療の現状

171203_00.jpg

厚生労働省によると
2012年から女性の初産年齢は30歳を超え年々上昇傾向。
一方、不妊で悩む夫婦も10組に1組といわれています。

■不妊治療の現状

不妊と年齢は大きく関わってきます。

171203_01.jpg171203_02.jpg171203_03-00.jpg

妊娠しても、年齢とともに流産率はアップし
出産に至る可能性が下がるのが現状です。

■福田病院 生殖内分泌外来

171203_04.jpg

女性の社会進出や晩婚化の影響で
妊娠を考える年齢も高くなっています。

171203_05.jpg

まだ大丈夫かなと思いながら受診せず
気づいたら妊娠率が低下する年齢になり
むずかしい治療となってくるケースもあります。

171203_06.jpg

不妊かなと思ったら早期に専門医を受診することが大切です。

■不妊症とは

171203_08.jpg171203_09.jpg171203_10.jpg

年齢に応じた治療が行われます。
妊娠に関する不安や気になることは
産婦人科に相談しましょう。

12月10日(日) 妊娠・出産までの道のりをサポート 不妊治療のための受診

不妊には女性の年齢が大きく関わっています。

■受診することの大切さ

171210_03.jpg

いきなり病院へ行くのはハードルが高いという場合は
電話相談の方法もあります。
話をすることで受診のきっかけになるかもしれません。

171210_04.jpg

■不妊治療の受診

まずは問診があります。

171210_06.jpg171210_07.jpg

婦人科検診のあと治療方針を決めていきます。

■受診前に準備できること

171210_08.jpg171210_09.jpg

■二人目以降の不妊

171210_10.jpg171210_11.jpg171210_12.jpg

バックナンバー