知って得する女性の健康

10月30日(日) 母子の健康を願って インフルエンザの予防接種

寒い時期流行が心配されるのがインフルエンザ。
特に子どもの予防接種は早めの準備が必要です。

161030_00.jpg

■インフルエンザの予防接種

 生後6か月から接種が可能です。

161030_03.jpg161030_04.jpg161030_05.jpg

 妊婦さんがいる家庭では家族の予防も大切です。

■インフルエンザ予防接種が大切な理由

161030_06.jpg161030_07.jpg161030_08.jpg

■救急病院にかかった場合の注意点

161030_09.jpg161030_10.jpg

10月23日(日) 母子の健康を願って 小児科受診のアドバイス

161023_13.jpg
寒さも増すこれからの季節は
子どもも体調を崩しがち。
体調がすぐれない場合は
早めの受診が大切です。

■小児科受診のタイミング

161023_01.jpg161023_02.jpg161023_04.jpg161023_05.jpg

■かかりつけの小児科医が大切な理由

161023_06.jpg161023_07.jpg161023_08.jpg

 同じ症状であっても子どもによって
 原因が異なることもあります。

■季節の変わり目の健康管理

 季節の変化についていけない
 子どもも多くなります。

161023_09.jpg161023_10.jpg

10月16日(日) 母子の健康を願って 予防接種

161016_01.jpg
生まれて1年は予防接種で小児科にかかることが
多くなります。

161016_07-02.jpg
そこで大切になってくるのが「かかりつけの小児科」。
かかりつけの小児科をつくることは、
母親の心配や不安の解消にも欠かせません。

■はじめての予防接種

161016_11w.jpg161016_15.jpg161016_16.jpg161016_17.jpg161016_19.jpg161016_20.jpg161016_21.jpg

■はしかの症状と小児の予防接種

現在患者数が増えているはしかは
空気感染します。

161016_12.jpg161016_13.jpg161016_14.jpg

10月9日(日) 母子の健康を願って 1か月健診

161009_01.jpg初めての育児は毎日不安や疑問ばかり。
慣れない赤ちゃんとの日々を過ごしてやってくるのが
1か月健診です。

■1か月健診

161009_07.jpg

黄疸の検査を行う場合もあります。

161009_08.jpg

■1か月健診で多い悩み

161009_09.jpg

ガーゼよりやわらかいお母さんの手で洗うのが一番です。

161009_10.jpg161009_11.jpg161009_12.jpg161009_13.jpg

■K2シロップが大切な理由

161009_14.jpg161009_15.jpg

10月2日(日) 母子の健康を願って 1週間健診

161002_01.jpgなれない育児にはとまどいがつきもの。
産後の小児科との関わりは
子どもの健やかな成長だけでなく
お母さんの心配や不安の解消にも
欠かせないものです。

■1週間健診
 退院から1週間後を目安に行う健診です。

161002_02w.jpg161002_06w.jpg

肌トラブルの悩みも増える時期

161002_14.jpg161002_115.jpg

退院後の育児中の不安や疑問を
母子手帳にメモをしておくのも良いでしょう。

161002_11.jpg
■縦抱きすることの大切さ
 横抱きは開脚の姿勢がとれないため
 股関節が開きにくくなる可能性があります。

161002_10.jpg
 乳児を正面から抱き
 両膝と股関節
 脚をがに股に開き首とお尻をおさえます。

161002_09.jpg
乳児の様子を見守りながら
不安や心配は小児科へ相談しましょう。

バックナンバー