知って得する女性の健康

2015年5月24日(日)  女性の健やかな生活のために 産後の検査

150524-03.jpg

150524-04.jpg

150524-02.jpg


産婦は出産・慣れない育児・疲れで体調を崩しがちです。

そこで、退院前に貧血の検査を実施します。

貧血と診断された場合は、治療や投薬が行われ、

1か月検診で経過をチェックします。

●産後体調を整えるために大切なこと

 ・栄養バランスの良い食事(回数も減らさない)

 ・睡眠・休養をしっかりとる

●健やかな妊娠生活のために

 妊娠中は胎児の成長、産後は育児のため

 母体の鉄分・カルシウムが不足しがち。

 妊娠・出産を希望する人は、

 栄養バランスや健康管理を心がけましょう。

 1年に1度は健康診断を受けて

 自分の体を知ることが大切です。

2015年5月17日(日)  女性の健やかな生活のために 妊娠中の検査

150517_04.jpg


150517_02.jpg


150517_01.jpg

妊娠中の採血は基本的に4回行います。

血液検査の結果(数値)を把握することは重要で、
体調悪化の原因や治療の経過を観察することができます。

 ①初診時

 ②12~14週 妊娠ドック 1回目

 ③24~27週 妊娠ドック 2回目

 ④36週頃 貧血検査

 *検査結果によって異なります。

妊娠24週頃

 妊娠経過とともに、妊婦の体にも負担がかかるため
 肝臓・腎臓の機能や妊娠糖尿病をチェックします。

妊娠36週頃

 胎児の成長のために母体から栄養を送り続けます。
 そのため貧血や母体の健康チェックを行います。

2015年5月10日(日)  女性の健やかな生活のために 妊娠初期の検査

150510_01.jpg

150510_02.jpg

150510_03.jpg

妊娠かなと思ったら、妊娠検査薬を使われる人もいらっしゃるでしょう。
この検査薬は妊娠すると分泌される「hCG」というホルモンに反応する
仕組みとなっています。

ただし、あくまでも妊娠の早期判定の補助ととして用いるものです。

月経の遅れや気になる症状の際は、
異常妊娠や病気も考慮し産婦人科を受診しましょう。

妊娠の確定診断は、他の検査・所見とともに医師が総合的に行います。

今年4月からは、母子手帳を交付された妊婦さんに対して、
クラミジアの検査を妊娠初期に行うようになりました。

妊娠中、クラミジアに感染していると、流産・早産の原因となり、
胎児に影響を及ぼす場合もありますが、
治療が可能なので早期発見・早期治療が大切です。

2015年5月3日(日)  女性の健やかな生活のために 特定健診とは?

150503_01.jpg

150503_03.jpg

150503_04.jpg

自分の体を知ることが健康維持には大切。
そのために必要なのが様々な検査・健診です。

特定健診(メタボ健診)とは
40歳から74歳までの公的医療保険加入者を対象とし、
糖尿病、脳卒中、心筋梗塞、高脂血症などの生活習慣病の発症や重症化を予防することを目的としています。

合わせて、女性は子宮がん や 乳がん検診も受けましょう。

1年に1回は自分の健康を考え、
健康診断や検査を受けることを心がけましょう。

バックナンバー