知って得する女性の健康

次回予定 10月22日(日)ひる11時25分 風疹の抗体検査

10月15日(日)女性の健康を守るための検査 産後の検査

出産後 お母さんが必ず受ける検査や新生児の検査があります。

■産後の検査

171015_02.jpg

お母さんはどうしても赤ちゃんに栄養をとられてしまうので
赤血球の中の鉄分が失われ 貧血になる人がいます。

171015_03.jpg171015_04.jpg

■新生児の検査

171015_00.jpg171015_06.jpg171015_07.jpg171015_08.jpg171015_09.jpg

先天的に代謝機能に異常がないかどうかなどを調べます。
生理的な黄疸は時間がたてば、だんだん減ってきますが
ただある一定の基準を超えてしまうと治療が必要となります。
医師の指示に従い安心して治療を受けましょう。

10月8日(日)女性の健康を守るための検査 妊婦ドック

定期的な妊婦健診の中で行われるのが妊婦ドックです。

■妊婦ドック

妊婦ドックは肝機能・腎機能を中心に2回行います。

171008_02.jpg

■その他の検査と必要性

「妊娠」というストレス
自分では感じていなくても、胎児の成長とともに
思わぬ体調の変化も出てきます。

171008_03.jpg171008_04.jpg171008_05.jpg171008_06.jpg171008_07.jpg

自分ではできないこと、気づかないことがたくさんあります。
検査は数値として体が正常か異常かがわかり
自身の体調について認識ができます。
検査は医師の診断とともに妊娠生活には必要なことです。

■妊娠ドックを受ける際の注意点

171008_08.jpg171008_09.jpg171008_10.jpg

採血は痛みがあったり、気分が悪くなったりしますが
前向きに血液検査を受けましょう。

10月1日(日)女性の健康を守るための検査 産婦人科で受ける特定健診

健康を維持するためには、自分の体を知ることが大切。
そのために必要なのが様々な検査や健診です。

171001_01.jpg

■妊娠初期の検査

生理が遅れていることから、妊娠に気づき、
初めて産婦人科を受診すると

171001_02.jpg171001_03.jpg171001_05.jpg

正常妊娠かどうかを確認し、
医師から正確な処方を受けることが大切です。

171001_04.jpg

171001_06.jpg171001_07.jpg

■病院受診が大切な理由

調べてみないとわからないこともたくさんあります。

171001_08.jpg171001_09.jpg

 

■母子手帳交付後の血液検査

171001_10.jpg171001_11.jpg

採血が苦手な人も多く 初めて採血をする人もいます。
不安がらずにスタッフに相談をしましょう。

9月24日(日)産婦人科の救急 婦人科の救急

女性ならではの痛みや症状はどうしても我慢してしまいがち。
専門医に早めに相談することが大切です。

■婦人科の救急

婦人科系の救急搬送で一番多いのは、月経時の痛み。

170924_02.jpg170924_03.jpg

勉強や日常生活に差し障りがある痛みは
病気のひとつかもしれません。

特に中学生や高校生で生理痛がひどいときは

170924_04.jpg170924_05.jpg

■月経痛の原因

170924_06.jpg

実際診察してみないとわからない病気もあります。

170924_07.jpg

月経困難症の人の中には
薬を服用することでよくなった人もたくさんいます。

■婦人科系の病気

お腹の痛みから思わぬ病気が見つかることもあります。

170924_09.jpg

捻じれるまでほとんど症状がなく、わからないことも多いようです。

170924_10.jpg170924_11.jpg170924_12.jpg

バックナンバー