知って得する女性の健康

次回予定 5月29日(日)ひる11時25分

2016年5月22日(日) 女性の健やかな妊娠生活のために 妊婦健診と超音波検査

160522_02.jpg

妊婦健診は、妊娠中の心配や気になる症状を相談する機会でもあります。

160522_01.jpg■妊婦健診の重要性
 自覚症状がない母子の異常を発見するために重要なもの。
 妊娠週数の経過によって病気のリスクや
 出産に備えるため受診回数は増えていきます。
 妊婦健診で行われるのが超音波検査です。

■超音波検査でわかること

160522_03.jpg

160522_04.jpg

160522_05.jpg

160522_08.jpg■「Angel Memory」導入
 福田病院では4月から超音波画像の記録に
「Angel Memory」を導入しました。
 妊婦健診時に撮影した超音波画像を
 スマートフォンやパソコンなどから閲覧できるというものです。
 閲覧のためには患者専用のID・パスワードが必要となります。
 診察の時だけでなく、自宅で家族と胎児の成長を見ることができます。

2016年5月15日(日) 女性の健やかな妊娠生活のために 産婦人科とのつきあい方

160515_01.jpg

160515_03.jpg

160515_06.jpg

産婦人科では助産師による保険指導をはじめ
母親学級や妊婦さんが参加できるイベントが行われます。
産婦人科は、妊娠・出産に関する正しい知識を得るための
大切な場所でもあります。

■母親学級
 妊娠中の過ごし方や出産に向けての様々なアドバイスがあり、
 出産予定日が近い妊婦さん同士の交流・情報交換の場となります。
 妊娠中の悩みや不安を情報とともに共有することが安心につながります。

■安心できる環境
 安産への大切な要素です。
 産婦人科のイベントに参加することで病院スタッフとも交流ができ、
 それが安産への大切な要素となります。

妊娠・出産は女性にとって輝く人生の1ページです。

2016年5月8日(日) 健やかな妊娠生活のために 妊婦健診の大切さ

160306_03.jpg

お腹の赤ちゃんを守るのはお母さんです。
定期的な妊婦健診はお母さんと赤ちゃんの健康を守る
大切なものです。


160508_04.jpg
妊娠中の心配なことや気になる症状は
かかりつけ医や産婦人科に相談をしましょう。


160508_03.jpg

検診の予定日を過ぎた場合でも妊婦健診は受けましょう。
来院・受診が難しい場合はかかりつけ医に電話で相談をしてください。


■妊婦が緊急時に気をつけたいこと
 ・余震に注意し、安全に避難できるよう備えておくこと
 ・陣痛や破水・出血などの緊急時 病院への交通手段を確認しておくこと

160508_05.jpg

160508_06.jpg

2016年5月1日(日) 健やかな妊娠生活のために

妊娠中は不安も多いもの。

160501_01.jpg

160501_02.jpg
160501_03.jpg
160501_04.jpg
160501_05.jpg

避難所や車中泊の生活はエコノミー症候群が
おこりやすい状態に近いので、注意が必要です。
足を動かしたり、歩いたり運動をしましょう。
また、避難所にはメディカルチームがいるので
相談をしてください。ただし、産婦人科医は少ないと思われますので
異常を感じたらただちに専門医やかかりつけ医を受診してください。

バックナンバー