知って得する女性の健康

次回予定 12月17日(日)あさ11時25分 不妊治療のすすめ方

12月10日(日) 妊娠・出産までの道のりをサポート 不妊治療のための受診

不妊には女性の年齢が大きく関わっています。

■受診することの大切さ

171210_03.jpg

いきなり病院へ行くのはハードルが高いという場合は
電話相談の方法もあります。
話をすることで受診のきっかけになるかもしれません。

171210_04.jpg

■不妊治療の受診

まずは問診があります。

171210_06.jpg171210_07.jpg

婦人科検診のあと治療方針を決めていきます。

■受診前に準備できること

171210_08.jpg171210_09.jpg

■二人目以降の不妊

171210_10.jpg171210_11.jpg171210_12.jpg

12月3日(日) 妊娠・出産までの道のりをサポート 不妊治療の現状

171203_00.jpg

厚生労働省によると
2012年から女性の初産年齢は30歳を超え年々上昇傾向。
一方、不妊で悩む夫婦も10組に1組といわれています。

■不妊治療の現状

不妊と年齢は大きく関わってきます。

171203_01.jpg171203_02.jpg171203_03-00.jpg

妊娠しても、年齢とともに流産率はアップし
出産に至る可能性が下がるのが現状です。

■福田病院 生殖内分泌外来

171203_04.jpg

女性の社会進出や晩婚化の影響で
妊娠を考える年齢も高くなっています。

171203_05.jpg

まだ大丈夫かなと思いながら受診せず
気づいたら妊娠率が低下する年齢になり
むずかしい治療となってくるケースもあります。

171203_06.jpg

不妊かなと思ったら早期に専門医を受診することが大切です。

■不妊症とは

171203_08.jpg171203_09.jpg171203_10.jpg

年齢に応じた治療が行われます。
妊娠に関する不安や気になることは
産婦人科に相談しましょう。

11月26日(日) 母と子 生命を守る 産婦人科の取り組み 性と生命を考える会

171126_00.jpg

妊娠という奇跡、そして命の尊さを学ぶことは
将来の妊娠・出産そして育児にも大きく関わってきます。
母と子・生命を守るため、福田病院では性教育にも取り組んでいます。

171126_01.jpg171126_02.jpg171126_03.jpg171126_04.jpg

■性教育講演会

主な活動の一つに性教育講演会があり、
生命の大切さ、性感染症などについて出前授業を行っています。

171126_09.jpg171126_10.jpg171126_08.jpg

性教育の講演活動は、小学校から中学・高校までと幅広く行い
内容やテーマは対象者によって様々です。
講演は産婦人科医や助産師が担当、
生命の現場で働くスタッフがその大切さを伝えます。

■性教育に関する様々な活動

171126_06.jpg

今月3日に開催された「マタニティフェスティバル」でも
性や生命に関する資料が掲示され、
多くの来場者が興味深く見入っていました。

171126_07.jpg

■命の尊さを考え伝える

171126_13.jpg

生命の誕生、そしてその生命が育っていく過程は
簡単なことではありません。
周りの人に守られ、大切にされ存在しています。
自分の生命だけでなく、他の人の生命も尊いもの。
一つしかない命 大切にしなければなりません。

11月19日(日)母と子 生命を守る産婦人科の取り組み 妊娠・出産・子育て支援

福田病院では、今月3日に開催された
「マタニティフェスティバル」をはじめ、
妊娠・出産・子育てに関する様々なイベントを行っています。

171119_06.jpg171119_14.jpg

マタニティフェスティバルは、
妊婦さんの仲間づくり支援を目的に始まりました。
さらに家族も一緒に学んでもらおうと
毎年テーマを設けて実施しています。

171119_07-00.jpg

171119_09.jpg171119_12-00.jpg

普段入ることのできない分娩室の見学や栄養相談など様々な体験ができ、
不安・心配の多い出産、育児に向けて学び安心できる良い機会でもあります。

171119_11.jpg

171119_13.jpg

妊娠・出産・育児には家族のサポートが大切ですが、
産婦人科は、女性の一生に関わる専門医。
妊娠・出産・育児について相談できる大切な場所でもあります。

バックナンバー