ベイビースマイル

6月29日(水) 水無月 第五章 みんなで子育て~プレパパスクール~

160629_01.jpg

160629_02.jpg

160629_09.jpg

160629_06.jpg

160629-12.jpg


父の日である6月第3日曜日。
熊本市中央区の福田病院では
毎年「プレパパスクール」が開催されます。

参加したのは妊娠16週以降で、初めて出産を迎えるみなさんです。
■プレパパスクールの目的
 お父さん向けの学級は少なく、
 妊婦のたいへんさを理解し協力することの
 大切さを感じてほしいと開かれています。

まずは、「妊娠・出産・育児」について楽しく学びます。
抱っこの練習や妊婦体験をしたプレパパたち
「予想以上に赤ちゃんは重かった」「普段たいへんなんだなと思った」などの
感想が寄せられました。

さらには夫婦で取り組むストレッチや
トレーニング「パパフィット」も体験。
子育てにおけるお父さんの役割を実感されたようです。

病院でのイベントや学級に参加することで
スタッフとの交流もできます。
また、一人で悩まず不安や心配、喜びも分かち合いながら
妊娠・出産・育児に取り組むことが大切です。

6月22日(水) 水無月 第四章 どろんこ交流会・田植え

160622_02.jpg

160622_03.jpg

160622_06.jpg

160622_04.jpg

160622_07.jpg

160622_11.jpg

160622_13.jpg




上益城郡山都町の「福田病院 母と子の農園」で
今年も「どろんこ交流会」が開催されました。

6月の田植えに始まるどろんこ交流会は、
福田病院で生まれ今年小学1年になった子どもたちと
その家族を招待し開催しています。

参加した子どもたちは
 田んぼが思ったより深かった
 お米を育てている人はたいへんだな
 足がドロドロです
 お米になって食べるのがたのしみ
などと話しながら慣れない手つきで
ひとつひとつ苗を植えていました。

またお父さんやお母さんからは
 地震を経験しおにぎりの大切さを改めて実感した
 自然のよいところを経験してほしい
という感想がよせられました。

田植えの後は山都町の料理でお昼ご飯。
食の大切さをかみしめながら
有意義なひとときとなりました。

地震の影響でイベントの多くが中止となるなか
子どもたちに楽しい催しものを
という要望で実施となりました。
食そして生産者への感謝、
安心安全の大切さを感じてほしい。
米作りのたいへんさを感じてもらい
米離れしない食事をしてほしいとの
願いが込められています。

6月15日(水) 水無月 第三章 子宮頸がん

若い世代での発症が増加傾向にある子宮頸がん。

熊本市では年度内に20歳以上の偶数年齢になる女性を対象に
子宮頸がん検診を行っています。

160615_03.jpg

欧米では「マザー・キラー」と呼ばれるほど
若い世代で発症しています。
妊娠出産を望む人は定期的に検診を受けましょう。

検診を不安に思う人も多いようですが、検診の内容は

160615_04.jpg

早期発見により治療が可能です。

160615_05.jpg

子宮頸がんは初期段階では症状がない場合が多いといわれています。

160615_06.jpg

160615_07.jpg

6月8日(水) 水無月 第二章 産後の心のケア

160608_01.jpg

わが子の誕生と同時にはじまる子育て。
赤ちゃんとの日々を充実させるためには
お母さんの心のケアも大切です。

産後のお母さんは疲労やホルモンバランスの乱れなどが原因で
心が不安定になることがあります。

160608_03.jpg

160608_04.jpg

 直接の因果関係は定かではありませんが、今回の熊本地震
 東日本大震災でもマタニティーブルー発症が約2倍に増えています。

160608_05.jpg

160608_06.jpg

 気になる症状は産後1か月健診で相談することもできます。
 マタニティブルーに気づき、体調を整えることで短期間での回復も可能。
 また、家族や周囲がサポートしながら、症状に気づくことも大切です。

6月1日(水) 水無月 第一章 梅雨時 妊婦の注意点

160601-11.jpg

本格的にやってくる「梅雨」。
この時期は、足元が悪くなり転倒などの危険性も高まります。

160601_03.jpg

赤ちゃんを守ることができるのはお母さんです。日頃から注意が必要です。

160601_06.jpg

160601_04.jpg

これからの季節さらに気をつけたいのが食中毒。

160601_05.jpg

160601-07.jpg

160601-08.jpg

160601-09.jpg

バックナンバー