ベイビースマイル

2016年3月30日(水) 弥生 第五章 つわりとは?

160330_01.jpg

妊娠に気づくきっかけとなることも多い「つわり」。

■つわりの原因は
160330_02.jpg

160330_03.jpg

160330_07.jpg

160330_04.jpg

160330_06.jpg
つわりの症状は個人差もありますが、気になる症状などは
かかりつけの産婦人科に相談しましょう。
点滴や内服薬を処方される場合もあります。

■つわり症状がおさまる時期
160330_05.jpg

2016年3月23日(水) 弥生 第四章 妊娠するための準備

160323_01.jpg
妊娠するためには自分の体を知ることが大切です。
妊娠に向けてできること。
妊娠前に調べておいた方がよい婦人科系の検査があります。

160323_02.jpg

妊娠期間中の感染は注意が必要で抗体の有無を知ることが大事です。

160323_04.jpg

160323_05.jpg

160323_06.jpg


 家族から感染することも多く、抗体検査は
 パートナーも受けておくことが望ましいでしょう。

160323_07.jpg

 自覚症状がない糖尿病や高血圧を発症している場合もあり
 定期的な健康診断は大切です

2016年3月16日(水) 弥生 第三章 マテニティ&ベビー・キッズ フェスタ2016

160316_01.jpg

160316_06.jpg

160316_08.jpg

3月6日 今年も妊娠・出産・子育てについて楽しく学べるイベント
「マタニティ&ベビーキッズ フェスタ」が開催されました。
テーマは「家族で知ろう!赤ちゃんとママの健康について」。
妊娠中のお母さんたちからファミリーまで来場者は1000人を超え
大勢の家族連れでにぎわいました。

メインステージでは、福田病院大塚総料理長による
マタニティ料理の講習会を開催。
春野菜をたっぷり食べられるスープのレシピが好評でした。
パティシエ塚野さんは親子で作れる簡単おやつ 春野菜をアレンジした
蒸しパンケーキを紹介、会場のみんなで試食をしました。

福田病院コアラウェルネスのインストラクターから
家族で楽しめるストレッチの指導があったり
アナウンサーによる絵本の読み聞かせ、
また沐浴指導や歯科の相談が設けられたりと
盛りだくさんのイベントとなりました。

2016年3月9日(水) 弥生 第二章 0回目のひなまつり

160309_04.jpg

160309_09.jpg

160309_07.jpg

160309_06.jpg

3月3日はひなまつり。
熊本市中央区新町の福田病院では、
女の子を妊娠中のお母さんたちを対象に
「0回目のひなまつり」が行われました。

■0回目のひなまつり
 毎年人気のイベントで今回25回目、20人が参加しました。
 お腹の赤ちゃんに思いをはせながら、
 ひな人形をかたどったアルバム作り。
 赤ちゃんへのメッセージをそえます。

 妊婦ならではの悩みや不安を共有できる場、
 病院スタッフとも顔見知りとなり、
 安心して出産に臨むことができます。

 来年は誕生した赤ちゃんといっしょに
 にぎやかなひなまつりとなることでしょう。

バックナンバー