ベイビースマイル

2015年5月27日(水)  皐月 第四章 育児ダイアリー たっちあんよ

150527_01.jpg

150527_02.jpg

150527_03.jpg

150527_04.jpg

11か月になった山上ひなたちゃん。

行動範囲はどんどん広がっています。

1歳に近づくと

 つかまり立ち ⇒ つたい歩き ⇒ 手をひくと歩く

 ⇒ ひとり立ち ⇒ よちよち歩く と発達していきます。

発達に個人差が大きい時期でもあります。

発育・発達の目安は母子手帳を参考にして

心配な時はかかりつけの小児科医に相談しましょう。

●歩き始める時期に、日常生活での注意点

・誤飲事故に注意

 灰皿・吸い殻・ヘアピン・ペットボトルのふたなど

・湯沸しポットはやけどに注意

・浴槽の残り湯は事故の原因になりやすい

赤ちゃんにとって安全かどうか再度チェックをし

環境を整えましょう。

1歳を機に予防接種や健診などもう一度振り返り

母子手帳でチェックをしましょう。

2015年5月20日(水)  皐月 第三章 妊娠中のむくみ

150520_04.jpg

150520_01.jpg

150520_02.jpg

150520_03.jpg

暑さを増してくるこの時期、注意したいのが妊娠中のむくみです。

●なぜ妊娠中の「むくみ」は起きるのでしょうか

 妊娠30週前後となると腎機能が低下し、

 水分の摂取をすると排尿機能の低下となって

 むくみがおきます。

●むくみがひどいと出産に影響があるのでしょうか。

 むくみは体重増加・産道が狭くなる原因にもなり

 難産につながることもあります。

 さらにむくみがひどい妊婦は妊娠高血圧症候群になります。

●むくみの予防に大切なことは

・水分を摂りすぎない(冷たい飲み物ではなく温かい飲み物を少量)

・食事は塩分控えめに

・適度な運動

・足を上げて寝る

・弾性ストッキングの着用など

水分制限は効果的で、むくみ予防は安産にもつながります。

2015年5月13日(水)  皐月 第二章 0回目の端午の節句

5月1日、熊本市中央区新町の福田病院では男の子を妊娠中のママたちを対象に
「0回目の端午の節句」のイベントが行われました。

イベントでは、産まれてくる赤ちゃんへのメッセージを添えたアルバムを作りや、
座談会があり、ママ同志の会話もにぎやかに弾みました。

また、スタッフとの交流で出産への不安もやわらぎ心の準備も進んだようです。

150513_01.jpg 150513_04.jpg 150513_03.jpg 150513_02.jpg

2015年5月6日(水)  皐月 第一章 育児ダイアリー 赤ちゃんの歯

150506_01.jpg

150506_02.jpg

150506_03.jpg

150506_04.jpg

すくすくと成長している山上ひなたちゃん。
生後10か月、全部で6本の歯が生えています。

赤ちゃんの大切な歯を守るために大切なこと

 ●ガーゼで拭く

 ●抱っこで軽くブラッシング

 ●歯磨きの最後に白湯を飲ませる

生え始める時期はまちまちですが、まずは歯磨きに慣れることが大切です。

日常生活での注意・虫歯予防のためには

 ●赤ちゃん専用の食器やスプーンを使用

(虫歯菌は食器や箸の共用でもうつる)

 ●周囲の大人が虫歯の治療をする

 ●根菜類をとりよく噛む週間をつける

(アゴの発達は歯並びにも影響するためかたいものを食べる習慣をつける)

自分で歯磨きをするのは2歳を過ぎたころが良いでしょう。

子どもの歯磨きには、必ず大人が付き添い仕上げ磨きも忘れずに。

嫌がる子は座って対面、または寝かせて磨きましょう。

声をかけ安心させることも大切、楽しい歯磨き時間の工夫をしましょう。

バックナンバー