ベイビースマイル

次回予定6月28日(水)よる10時54分 水無月 第四章 プレパパスクール

6月21日(水)水無月 第三章 妊娠高血圧症候群とは

妊娠高血圧症候群は、重症化すると
母子の命にかかわります。

■妊娠高血圧症候群

170621_02.jpg170621_03.jpg

■発症のリスクが高い人は

170621_05.jpg170621_06.jpg170621_07.jpg

■妊婦・胎児への影響

妊娠高血圧症候群の初期には
症状がない場合もあります。

170621_14.jpg

妊娠が終われば改善します。

170621_15.jpg

母子手帳と妊婦健診はお母さんの命を救うために
日本の独自のシステムで始まり、今世界中に広まっています。
妊娠高血圧症候群は定期的に妊婦健診を受けることで
予防と早期発見につながります。

6月14日(水)水無月 第二章 どろんこ交流会

170614_000.jpg

今年も球磨郡水上村の「福田病院 母と子の農園」に
子どもたちの元気な声が響きました。

170614_02.jpg

どろんこ交流会は、福田病院で生まれ
今年小学1年生になった子どもたちとその家族が参加して
行われます。

170614_31.jpg

170614_18.jpg
「水田に植えると初めて知り よい経験になった。」
「お茶碗のお米一粒一粒も残さなくなる。」
 など 参加者も大喜びでした。

170614_19.jpg
この日のために、
地元の生産者は冬の時期から
準備をしてきました。

170614_13.jpg
「田植えを楽しみ、
 秋には収穫したおいしいお米をたべてほしい」と
願いが込められています。

170614_05-02.jpg
水上村の方たちが準備したドラム間風呂で
汗をながした後はみんなでお昼ご飯。


170614_11.jpg
お米の大切さをかみしめながら
おむすびをほおばりました。



■どろんこ交流会で伝えたいこと

170614_21.jpg本だけの勉強ではなく、米作りの原点を
実際の田んぼで経験をしてほしいと
福田病院の大塚博総料理長。
顔の見える生産者、流通、そして消費者が
一緒になった貴重な交流会の1日でした。

6月7日(水)水無月 第一章 梅雨時 妊婦の注意点

梅雨の季節。
妊婦さんはお腹が大きいため
転倒しやすくなります。

赤ちゃんは羊水に包まれクッションの中に入っているので
すぐに何かおこることはありませんが、
運が悪いときは、胎盤がはがれるなど心配な状況もあります。

170607_02.jpg

ヒールの高い靴やサンダルは危険です。
滑りにくい履物を選びましょう。

170607_03.jpg170607_04.jpg

さらに気を付けたいのが食中毒です。

■食中毒

170607_06.jpg170607_07.jpg170607_08.jpg170607_09.jpg170607_10.jpg

 

5月31日(水)皐月 第五章 予防接種が大切な理由

170531_15-02.jpg
産後すぐに始まる予防接種は
赤ちゃんを病気から守るために
欠かせないものです。

■予防接種が大切な理由

世の中にはたくさんの感染症があります。
ほとんどの感染症は自然に治ったり、治療をしたり
できますが、中には途中で合併症をおこし
治療法がなく、結果的には命を落としたり、寝たきりになったり
重い障害を残してしまう病気があります。
予防接種は、そういう恐ろしい病気にかからないようにするための手段です。

170531_01.jpg170531_02.jpg

■予防接種の種類

予防接種には、定期接種と任意接種があります。

170531_12.jpg170531_05.jpg170531_13.jpg

170531_14.jpg

予防接種は体調がいいときに受けるものです。

170531_07.jpg

バックナンバー