くまもとアグリのチカラ

supported by

yammer.jpg

5月26日(金)

第59回 子出藤農園・子出藤税さん

有明海に近い熊本市西区の農場で、タマネギのオリジナルブランド「塩たまちゃん」を 栽培するのが、子出藤農園の子出藤税さん。塩トマトからヒントを得て開発した 「塩たまちゃん」は、えぐみの少ないミネラル豊富なタマネギだ。 子出藤さんが次世代へ受け継ぎたい農業の姿とは?

5月19日(金)

第58回 甲斐農園・甲斐健太朗さん (熊本市)

東京のフランス料理店の料理人から家業のナス農家に転身した 熊本市の甲斐健太朗さん。「肥後のでこなす」のブランドで長ナスを 出荷している。熊本でもまだ少ない「野菜ソムリエプロ」の資格を取得、 ナスの消費拡大のために普及促進にも積極的だ。

5月12日(金)

第57回 小森ファーム 小森公明さん・大将さん(宇土市)

宇土市石橋町で「まいひめ物語」というブランドでトマトを栽培する小森公明さん・大将さん親子。 根を遮断して水分と肥料をコントロールする「隔離床栽培」という方法で、健康的でおいしいトマト 作りをめざしている。東京の百貨店やJRの豪華寝台列車でも販売・採用されるほどのブランド力を 確立した。

5月5日(金)

第56回 郷 龍哉さん(宇土市)

宇土市伊無田町でキュウリ栽培に取り組む郷龍哉さんは、通常5か月ほどで植え替えるところを 10か月間もたせる「長期一作」という栽培法を行っている。この方法によって、キュウリの木の 樹勢を保つことで収入増をめざしている。就農して7年。炭酸ガス濃度やハウス内の温度を スマートフォンで管理するなど先進的な農法も取り入れている。

バックナンバー