くまもとアグリのチカラ

supported by

yammer.jpg

1月27日(金)

第42回「うさぎ農園 月野陽さん・亜衣さん」(合志市)

合志市で牧場の跡地を使って海外の珍しい野菜の栽培に取り組む「うさぎ農園」の月野陽さん・亜衣さん夫婦。夫婦2人で就農し、年間200種類以上の野菜を栽培している。買ってくれる人に楽しんでもらおうとカラフルな野菜を栽培、マルシェなどのイベント会場にカフェも出店している。

1月20日(金)

第41回 まつよし農園・吉村治さん (球磨郡多良木町)

「攻めの農業で地域を盛り上げたい」と、仲間とともに法人を立ち上げた「まつよし農園」の代表・吉村治さん。「一方的に供給する農業から選ばれる農業へ」。吉村さんは、生産情報管理システムを導入し、消費者から見える農業に取り組む。農業の国際認証企画「グローバルギャップ」を取得し、世界をリードする農業を目指している。

1月13日(金)

第40回 マルナカファーム・中山正明さん(球磨郡錦町)

建設業から酪農の世界に参入し、現在では約500頭の乳牛を飼育する メガファームに成長したマルナカファームの社長・中山正明さん。 当初は赤字の連続だったが、建設業で培った技術力とコスト低減のノウハウで 努力を重ねた。経営理念として掲げるのは「資源循環型」の農業。参入当初から 自社で育てた牧草やトウモロコシを使って餌を自給している。

1月6日(金)

第39回 熊本畳表・田淵稔さん(八代市)

熊本県一の「い草」の生産地・八代地方。八代市鏡町で「熊本畳表」を経営する田淵稔さんは、 エコファーマーや地域特産品マイスターの認定を受け、い草の栽培は長男に託し、自身は 畳表の加工に専念している。自然素材で作る有機100%の肥料を使用するほか、 撥水加工の畳表の開発に取り組むなど日本の畳文化を絶やさないための努力も怠らない。

バックナンバー