くまもとアグリのチカラ

supported by

yammer.jpg

7月29日(金)第16回 

第16回 ハナウタカジツ 片山和洋さん(熊本市北区植木町)

四季折々の果物を通じて「鼻歌を歌うような小さな幸せを届けたい」と果樹栽培に取り組むのが「ハナウタカジツ」の片山和洋さん。完熟収穫にこだわり、果樹の高さを低くして完熟具合を確かめやすくするなど、美味しい果物を届けるための努力を惜しまない。

7月22日(金)第15回 

第15回 あぐ里・河端 昇さん(山都町)

上益城郡山都町で年間約70トンの椎茸を生産している農業生産法人「あぐ里」。広葉樹のチップに、米ぬかなどに牡蠣殻を加えた栄養体を混ぜた「菌床」で椎茸を育てている。また障がい者施設とも連携し、利用者の実習を受け入れるなど、社会貢献にも積極的に取り組んでいる。

7月15日(金)第14回 

第14回 上田農園・上田正博さん(美里町)

下益城郡美里町で九州ではただ1人「恋人メロン」と呼ばれるメロンの栽培に成功した上田正博さん。平均糖度15度以上、長年の努力の末にできた「恋人メロン」は、高級品として百貨店などで人気を呼んでいる。

7月8日(金)第13回

第13回 木下農園 木下 一さん(上天草市)

上天草市大矢野町は、冬場の温暖な気候や水はけの良さなど、菊の栽培に適している。木下一さんは、品質向上のため「黒糖蜜」や「サトウキビのかす」などを散布して菊の葉に厚みやツヤを出させる工夫をし、花の日持ちを良くしているのが特徴。

7月1日(金)第12回

第12回 馬場照昭さん(天草市五和町)

天草市五和町で無農薬・無肥料・無堆肥の「自然栽培」を実践している馬場照昭さんのこだわりを紹介。徹底して自然に任せる農法を支えるものとは?

バックナンバー