くまもとアグリのチカラ

supported by

yammer.jpg

5月27日(金) 第7回

第7回 井村農園 井村正裕さん(熊本市北区植木町)

長さが60センチにもなる「大長なす」を栽培する井村正裕さん(熊本市北区植木町)は、ハウス内に害虫の天敵となる体長1ミリほどの小さな虫を放つことで農薬を減らしている。大長なすは熊本県の特産野菜に認定され、「長助」のブランド名で出荷されている。

5月20日(金) 第6回

第6回ひなた農園

熊本市北区植木町にある「ひなた農園」の松永敏裕さん。松永さんは、国内でも珍しいパプリカを栽培している。土にこだわって栽培したパプリカを「ひなたちゃん」のブランド名で出荷している。

5月13日(金) 第5回

第5回 五蘭塾 天川花園・嶋田薫さん

鉢植えした洋ランの生産量が全国2位の熊本県。宇城市三角町の戸馳島は、県内の9割を生産し、品種別生産量で日本一となっている「洋ランの島」。戸馳島がここまで成長したのは生産者グループ「五蘭塾」が島全体を盛り上げてきたことによる。メンバーのひとつ天川花園では、「バークチップ」と呼ばれる木材を使った栽培方法で花持ちを良くしているのが特徴。

5月6日(金) 第4回

第4回 阿蘇さとう農園 佐藤智香さん

阿蘇地方の伝統の味「高菜漬け」。高菜栽培を守るために農家を継いだ佐藤智香さんは、 生産者の高齢化が進む中、地域の若手就農者たちと協力して、高菜の収穫体験イベントなども開いている。また阿蘇高菜の魅力をもっと多くの人たちに伝え、次の世代に残していこうと、自宅にある工房で高菜の種を使ったマスタードの開発にも乗り出した。

バックナンバー