くまもとアグリのチカラ

supported by

yammer.jpg

4月15日(金) 第3回

第3回 セブンフーズ株式会社 木村亮介さん

菊池市旭志に東京ドーム約7個分という広大な農場を持つ「セブンフーズ」は、「肥後あそび豚」などのブランド豚を、年間5万頭出荷している。「アニマルウェルフェア(動物愛護的飼育)」や「環境保全」「食品リサイクル」にも取り組んでいる。特許技術「セブンシステム」で臭いや汚水を抑制し、食品工場から出る野菜くずなどを再利用して餌を作るなどする循環システムも構築している。

4月8日(金) 第2回

第2回 農事組合法人 たかなが

平成27年10月に結成された「農事組合法人たかなが」は、就農して日が浅い若者4人で立ち上げた。全員が農家の後継ぎではない。「ホタルの里」として知られる菊池市旭志で「蛍ねぎ」というブランド名で白ねぎを栽培している。太く、柔らかいのが特徴の「蛍ねぎ」の生産から始めて6次産業化にも取り組もうと夢を抱く。

4月1日(金)第1回

第1回 くまもと有機の会 田中誠さん

「くまもと有機の会」は、加盟する生産者の約7割が「有機JAS」の認定を取得し、 熊本県内外の会員宅に野菜の宅配などをしている。土壌分析など、科学的・論理的に営農する有機栽培技術「BLOF理論」が特徴。同理論により、畑の土が驚くほど軟らかく、養分を吸収しやすくなって、野菜の質・収穫量が向上、会員の中から栄養価で日本一を獲得するなど実力が全国に認められた。

バックナンバー