くまもとアグリのチカラ

次回7月20日(金)よる8時54分

 

 

 

7月13日(金)

180713.jpg

第15回 永田忠幸さん(35歳)

熊本地震から2年。熊本地震で大きな被害を受けながらも 理想の農業を追求し続ける生産者。 未だ田植えができないが、裏作だったキャベツを年間通じて 生産。地震をきっかけに理想とする農業を追い求めることを 改めて決意。 旬の季節に旬のものを。雑草に負けずに育つ 強いエネルギーを蓄えた農作物を生産していきたいと 自然に近い農法での農業を研究している。

7月6日(金)

第14回 田尻隆博さん(40歳)

温州みかんをハウスで育てる「グリーンハウスみかん」の 栽培に取り組む生産者。 「手にかけた分だけ美味しく育つ」。 木の管理を徹底し理想のミカンを追求する。 土にもこだわる。 たい肥に栗の鬼皮を加えることでたい肥の発酵を促進し 良質な土を育てることができる。 全国に誇れる品質を後世に残したい。 田尻さんは時代の変化に対応しながら ミカンづくりを追求する。

supported by

ja.png

6月29日(金)

第13回 池田 純さん(39歳)

代々受け継いできたスイカ農家を引き継ぎ 4代目として規模拡大と品質の向上に意欲を燃やす。 温度と湿度の管理を徹底するため 日々変わる天候を見極めてハウスの開け閉めを細かく調節する。 品質を均一化して誰が食べても美味しいスイカを届けたい。 スイカ作りを後世につなぐ。

バックナンバー