熊本城と加藤清正

石川さゆりコンサート 水俣で開催決定            2016年11月25日

161125sayurikaiken.jpgのサムネイル画像胎児性水俣病患者たちが25日記者会見を開き、来年2月11日に石川さゆりコンサートを開くと発表しました。

患者たちは約40年前、20歳になった証に自分たちで何かを成し遂げたいと熊本県出身の石川さゆりさんのコンサートを企画。チケットを売るために水俣中を駆け回り、1978年(昭和53年)にコンサートを実現しました。水俣病の公式確認から阿多60年、還暦前後の年齢になった患者たちは、自分たちの半生を見つめ直すため、再びコンサートを企画しました。

20歳代のころより症状は重くなり、車いすで生活する患者もいますが、それでも水俣の企業を回って協賛金を集めたり、県外にまで赴いて講演会で協力を呼びかけたりして開催にこぎつけました。

患者たちは「これ(コンサート)ができることがとってもうれしいです」(坂本しのぶさん)「観客がいっぱい入ってくれればいいなと思います」(滝下昌文さん)と、コンサートを楽しみにしています。

エントリー