熊本城と加藤清正

県外の女性1人を水俣病に認定     2016年2月15日  

水俣病認定_R.jpg熊本県は、水俣病の認定申請をしていた1人を水俣病と認定したと発表しました。

県の認定審査会は2015年12月、40代から80代の男女30人を審査しました。そして今月1日、県外から申請した80代の女性1人を水俣病と認定するのが相当と答申し、熊本県が2月12日付けで認定しました。ほかの29人のうち28人は棄却、1人は保留となっています。県は認定された人の詳しい情報は、個人情報の保護を理由に明らかにしていません。

県による水俣病の認定は2015年11月以来で、認定審査会が再開してから2人目です。2月12日現在、熊本県に認定申請し、審査を待っている人は1236人です。

エントリー