くまもとの祭り

山都町で八朔祭 2年ぶり 「大造り物」引き回し        2017年9月3日

170903hassakuA.jpg山都町で八朔祭が行われ、呼び物の「大造り物」町内引き回しを大勢の見物客が楽しみました。

八朔祭は五穀豊穣を願う祭りで約250年の歴史があります。杉の皮や、松ぼっくりなど自然の材料を使って各町内が作った大造り物が祭りの名物となっています。2016年は台風のため引き回しが中止になったため、2年ぶりの引き回しとなりました。

11の町内が作った大造り物は、アニメのキャラクターや歌舞伎役者の市川海老蔵さん、海賊映画の主人公などバラエティに富んでいます。「ゲリラ豪雨はもう懲りゴリラ」などと世相を取り入れたタイトルも見物客を楽しませました。

エントリー