くまもとの祭り

熊本市中心部に天の川が出現 夜景を背に「復光祭」     2016年11月20日

熊本地震からの復興を祈って、熊本市を流れる白川に光の帯を作ろうという催しが行われました。

「くまもと復光祭」と名付けられたこのイベントは、県内のライオンズクラブ、ロータリークラブ、青年会議所が協力して初めて開きました。県外からの応援が減ってきたこの時期に、再び県民が力を合わせて復興に取り組もうという願いが込められています。

白川の河川敷には特設ステージが設けられ、トークイベントや演奏会、チャリティーオークションなどが開かれました。弦楽器、二胡(にこ)の世界的な奏者として知られるチェン・ミンさんの演奏が終わると、青色LED電球入りの玉3万個が泰平橋から流され、下流の白川橋までおよそ600メートルの川面は天の川のような青い光の帯に変わりました。

イベントの最後には、河川敷から500発の花火が打ち上げられ、およそ3万人の見物客を魅了しました。特等席となった泰平橋近くのホテルの高層ラウンジには多くのカップルが訪れ、熊本市の夜景を背に繰り広げられる光の祭典を楽しんでいましたに魅了されていました

エントリー