くまもとの祭り

復興の願い込め 南阿蘇最大の「風鎮祭」            2016年8月19日

無160819huutinA.jpg

高森町で恒例の風鎮際(ふうちんさい)19日、始まりました。

この祭りは1752年(宝暦2年)、商人たちが「二百十日」の強風を鎮め、五穀豊穣を願ったのが始まりとされる伝統の祭りで、阿蘇中央火口の南、高森町と南阿蘇村に拡がる南郷谷(なんごうだに)最大の祭りとなっています。今年は熊本地震で大きな被害を受けた南阿蘇村の住民にも祭りを楽しんでもらいたいと、南阿蘇鉄道も無料で運行されました。

風勇壮な風鎮太鼓で開幕した祭りでは住民500人が総踊りを披露し、商店街を練り歩きました。雑貨や生活用品を使ってつくられる「造り物」も13基飾られました。。町の若者らが演じる「高森にわか」や出店も並び、大勢の親子連れらでにぎわいました。被災した住民たちは高森町の社会福祉法人が用意し、無料で振る舞われたカレーや鎮魂と復興の願いを込めた打ち上げ花火を楽しんでいました。

160819huutinB.jpg

エントリー