まとめリンク

地震とメディア

震度7の地震に2度見舞われた熊本のメディアは、停電や断水などと戦いながら報道を続けました。地震の後も、復興に向けてSNSを利用する試みも行われています。

人気女性YouTuberが見た益城町のいま 2017年9月7日放送

地震直後に落ち着かせてくれたSNSのメッセージ 2017年4月11日放送

被災振り返る185点 震災報告写真展 2017年4月10日

生活関連情報 SNSの落とし穴 2017年4月4日放送

観光客がSNSで熊本をPR 県と熊本市が格安ツアー 2016年12月17日

ビッグデータ解析し「隠れ避難所」をあぶり出す 2016年7月14日

県警「警部」の人間味あるつぶやき 被災者の癒しに 2016年5月1日

発生から1週間後の熊本地震特集 BS日テレ「深層NEWS」 2016年4月22日放送

「手を貸して」市長のツイートにボランティア1000人 2016年4月19日放送

Yahoo!JAPANは熊本地震の発生以来、KKTなどメディアの動きを取材し、レポートしました。

地元テレビは今なお「L字」 地震情報の制作現場

熊本地震から2か月 地元の放送は今

NHK放送文化研究所が、熊本地震で被災者がどのメディアを使って情報収集をしたか分析しています。KKTの情報発信についても分析・紹介されています。

「放送研究と調査」2017年9月号 被災地住民が求める「生活情報」とその発信

エントリー