熊本県外のくまもと&くまモン

【神戸】県産小麦でシナモンロール 高校生と生協が熊本支援で連携  2017年2月13~19日

170219sinamonA.jpg神戸市東灘区の生活協同組合・コープこうべシーア「小麦の森」で、六甲アイランド高校の3年生が企画したパン「六♥(アイ)シナモンロール」の限定販売が行われました。「熊本地震の被災地を励まそう」と、熊本県産の小麦粉を使ったシナモンロールを高校生が考案し、同生協が賛同して実現しました。1個140円(税込み)で限定販売し、よく売れたそうです。

六甲アイランド高校では総合学習で「神戸学」という授業があり、西城友裕くんらの班では神戸で有名なパンをつくろうと計画しました。熊本地震で熊本が傷ついていることを知った西城さんらは、熊本産の小麦を使うことにし、熊本県産の「ミナミノカオリ」から作った小麦粉を取り寄せてシナモンロールのレシピを完成させました。学食で200個販売したところ、わずか15分で完売したといい、高校では何とか一般に販売できないかコープこうべに協力を求め、期間限定商品として販売されました。

小麦の森では初めて「ミナミノカオリ」を仕入れ、高校生のレシピをもとにプロの職人が焼き上げました。西城さんらは交代で店頭に立ち、買い物客らにパンのおいしさと熊本への支援を呼びかけました。

エントリー