熊本県外のくまもと&くまモン

【東京】松聲閣のお茶の友「加勢以多」が復活            2016年6月11日放送

160611koubai.jpg花菖蒲が見ごろの新江戸川公園にある松聲閣(しょうせいかく)の茶室では、抹茶とあわせて熊本の菓子メーカー、「香梅」の和菓子「加勢以多(かせいた)」が提供されています。加勢以多は熊本地震で工場が被災したため、松聲閣でも出せなくなっていましたが、工場が復旧し、提供を再開しました。

加勢以多は、ポルトガル語の「Caixa da Marmelada(カイシャ・ダ・マルメラーダ)=マルメロジャムの箱」が名前の由来といわれ、江戸時代に幕府への献上品ともなった細川家に伝わる銘菓です。復元した香梅では職人が手作りで製造しており莉復元したもので、甘さ控えめの上品な味が特徴です。

松聲閣の高橋健二所長は「お客さまは加勢以多を楽しみにしていて、お出しすると本当に喜んでくれます。抹茶をお出しするお客さまとのコミュニケーションのきっかけにもなるので、製造再開はわれわれにとってもうれしいです」と話しています。

エントリー