熊本地震の記録

ミカン農家向け 石垣修復指南動画を公開         2017年7月18日

県は、熊本地震やその後の豪雨で崩れた棚田や段々畑の石垣を修復する方法を紹介した動画をホームページで公開しました。

県内は棚田やミカンの段々畑が多いが、地震とその後の豪雨によって熊本市内だけで約2600か所の石垣が崩れるなどの被害がありました。10平方メートル超の石垣が崩れ、業者に支払う修理費が40万円以上かかる場合は国から修理費の9割以上が補助され、それ以下の被害でも県の復興基金から修理費の半額が補助されますが、残りは農家の負担となります。棚田や段々畑には重機が入りにくく、修復技術も伝わっていないことから、自力での修理もできずに放置している農家も多いのが現状です。

このため県は今年3月、崩れた段々畑の石垣を修復する過程を約20分の動画で解説したDVDとパンフレットを制作。農家に配布したところ好評だったため、ホームページで公開することにしました。動画では、みかん農家が地元タレントと実演しながら修復方法をわかりやすく説明しています。 石垣を農家が自力で修復する参考にしてもらうだけでなく、石積みの修復技術を後世に引き継ぐことも狙っています。

石垣修復動画の全編は yubiyubi.png こちら

エントリー