熊本地震の記録

韓国学生が熊本学園大の学生から「その時」の対応学ぶ     2017年1月25日

0125日韓_R.jpg熊本地震で被災した熊本の現状を学ぼうと、韓国の学生たちが熊本市の熊本学園大学を訪れ、同じ世代の学生と意見交換しました。韓国で2016年9月に慶州地震が発生したことから、日本の被災地の現状を実際に見て、学んでほしいと外務省が企画しました。

熊本の学生「すごく寒い日で、何もないところにみんなで丸くなって眠らずに、日が出るのを待った」

韓国の学生「そういう対処の方法を韓国では全く学んでいない」

熊本の学生「これは対処とはいえない(段階の)話です」

被災した熊本の学生の生の声を真剣に聞いた韓国の学生たちは「心のうちを伝えてもらって涙が出ました。子どもの時から(災害を)学ぶことができればいいと思う」「ただの自己紹介よりこんな自分の災害経験を述べたほうがその人をもっと深く理解ができるきっかけになると思います」「SNSを活用して今日学んだことを自分の経験と一緒に話したい」と感想を話しました。韓国の学生たちは益城町などの被災地も見学しました。

エントリー