熊本地震の記録

サンリブ健軍、マルショク健軍として営業再開    2017年8月3日

170803kengunA.jpg熊本地震で倒壊した熊本市東区のスーパー「サンリブ健軍」が名前を「マルショク健軍」に改め、食品中心のスーパーとして約1年4か月ぶりに営業を再開しました。

サンリブ健軍店は健軍商店街の中核店舗として、地震前は地上4階、地下1階建てで衣料品なども扱っていましたが、熊本地震の本震で倒壊。商店街のアーケードも損壊し(写真左)、健軍商店街の客足が落ち込んでいました。建て替えられた新店舗(写真中央)は平屋建てで、売り場面積は3分の1程度まで減りましたが、商店街はにぎわいが戻ることを期待しています。

再開初日となったこの日は午前8時の開店前から多くの人が並び、店はかつてのにぎわいを取り戻しました。

エントリー