熊本地震の記録

復興計画に若者の意見も 熊本市が復興ワークショップ     2016年8月28日

HUKKOUKAFEa.jpg熊本復興に向けて気軽に意見を出し合う「くまもと復興カフェ~熊本の『地域・世代・未来』がつながるワークショップ~」が熊本市中央区の熊本県民交流館パレアで開かれました。

ワークショップには熊本市の高校、大学生が参加し、熊本市の大西一史市長も交えて「こんな復興まちづくりをしてみたい!」をテーマに話し合いました。参加者からは「街中や空き家の壁に催し物の情報を書き込む場所『復興ウオール』をつくる」「海外に留学する若者を増やす」「高齢者と若者が関わるイベントを開く」「市長と熊本城復興ライブを行う」など、さまざまな提案が出されました。

一般の部のワークショップも開かれ、参加者約70人が「生活再建」「防災・減災」「元気・活力」など5つのテーマで話し合いました。熊本市では策定中の震災復興計画に意見を反映させる方針です。

エントリー