熊本地震の記録

「熊本は立ち直る」宮本武蔵が移住のススメ 県がPR動画     2017年2月14日

県は観光客や移住者を呼び込もうと、かつて熊本に移住した剣豪・宮本武蔵(?~1645)を主人公にしたPR動画を作成しました。復興を目指す熊本のPRも随所に盛り込まれています。

「くまもと移住前夜 宮本武蔵」というタイトルのPR動画では、熊本の魅力にひかれて移住を決意する武蔵をを俳優の宇梶剛志さんが演じています。動画の中で武蔵は「元和5年(1619年)と寛永2年(1625年)に熊本には大きな地震があった。しかし、そのたびに見事な復興を遂げた」と紹介。復興へと歩む今の熊本の姿も織り込み、「雄大な阿蘇山、イルカが見れる天草、教育充実、医療環境も国内トップレベル」と、熊本をPRしています。

宮本武蔵は1640年(寛永17年)に熊本藩主・細川忠利に招かれて熊本に移住し、熊本市近郊の金峰山にある霊巌洞で「五輪書」を執筆しました。

県の特設サイトは yubiyubi.png こちら

エントリー